緑区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

写真家中筋さん 「原発事故が人を分断した」 東日本大震災から9年

文化

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災からまもなく9年。本紙では原発事故後の福島を記録し続け、現在、青葉区内の飲食店で写真展を開いている写真家の中筋純さん(53)=写真=にインタビューを行った。

 「9年という時が経つ中で顕著なのは地域がバラバラになってしまったこと。いまだに不安の残る放射能への恐れ、賠償問題、帰還の選択など、それまで同じ地域で暮らしていた人々が分断され、相違が生まれ、この問題を話し合うことがタブーのようになってしまっていると感じる」

 国内外の産業遺構や廃墟を撮り続けてきた中筋さん。廃墟撮影の一環で2007年にチェルノブイリに訪れた時、街が突然消えたかのような風景に衝撃を受けた。その後もチェルノブイリを撮影する最中に起きた福島原発事故。翌年に初めて福島の浪江町に入ったときは「街全体が神隠しにあったかのような静けさ。チェルノブイリと同じだった。飲食店には料理の器が並んでいるのに誰もいない。聞こえるのは風の音だけだった」と振り返る。事故直後の混乱した現場を撮るのではなく「同じ場所を5年、10年と記録し続けることに必ず意味がある」と定点観測のような撮影を続けてきた。その中には、1番賑わっていた商店街で1軒、また1軒と取り壊されていく様子や、除染や工事で慌ただしく車両が通り過ぎゆく街の片隅に9年前で時が止まったまま残る風景などが記録されている。

 青葉区内の飲食店「ウチルカ」で開催されている中筋さんの写真展「流転」は3月13日(金)まで開催中。8日(日)には中筋さんが監督を務めた作品「コンセントの向こう側」の上映会やトークライブも行われる。投げ銭と1ドリンクオーダー制、午後1時から。問合せは相原さん【携帯電話】090・4311・4402

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook