神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2020年8月27日 エリアトップへ

霧が丘バザール 買い物難民へ利便性提供 11月6日に開催予定

社会

公開:2020年8月27日

  • LINE
  • hatena
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表

 霧が丘地域の買い物が困難な高齢者などへの利便性の提供を目的に11月6日、霧が丘4丁目の空き地で「霧が丘バザール」が開催される。現在出店者も募集している。同バザール実行委員の川口信二代表は「賑わいの創出も期待している」と語った。

 昭和50年代にURによって大規模開発された霧が丘地区。開発時に5丁目にあったスーパーは退店し、跡地にはグループホームやデイサービスを提供する「ミモザ横浜霧が丘」が入った。川口代表によると、1丁目では最寄のスーパーやコンビニが撤退。食料や日用品を購入するには不便な状況で、バスで長津田みなみ台や十日市場駅、若葉台(旭区)に買い物に行く、いわゆる”買い物難民”も少なくないという。こうした現状を改善しようと、川口代表は「バザール」を発案。麻生紘二さん、木下昌也さん(令和元年度4丁目自治会長)と実行委員会を結成した。空き地の所有者である石井宗一さんの好意もあり話が進んでいる。

将来の不安多数

 1月には4丁目の約300世帯を対象に生活に関するアンケートを実施。その中で「不満はないが将来は不安」と「日常的に困っている」との回答が約半数を占める結果となった。

 開催予定日時は、11月6日の午前11時からとなっている。当日は、生鮮食料品を積んだ移動販売車と、霧が丘商店街のベーカリーぷかぷかによるパンの販売が決まっている状況だ。移動販売については事前に配布されるチラシで事前予約も受け付ける。同実行委員では現在、実行委員メンバーや当日の出店者も募集している。

 川口代表は「井戸端会議のように地域の人が集まり、賑わいの拠点になっていけたらと考えている」と思いを語った。

 霧が丘連合自治会の塚田順一会長は「何もやらなければな何も変わらない。継続しないと意味もない。慎重に計画してほしい」と話した。

 詳細は川口代表(【携帯電話】080・4337・2371)へ。

時局講演会 日本の国力を強くする

12月17日(日)青葉公会堂 ゲストは経済安全保障大臣 高市早苗

https://mitani-h.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

EV公道充電所を拡充へ

横浜市

EV公道充電所を拡充へ

候補場所に5区10地点

12月7日

瑞宝双光章を区長に報告

中山在住古内敏子さん

瑞宝双光章を区長に報告

行政相談活動の功績に

12月7日

9割が一時金で賄えず

横浜市出産費用

9割が一時金で賄えず

市「必要な支援」検討

11月30日

惜しまれつつ閉会へ

横浜みどり童謡の会

惜しまれつつ閉会へ

緑公会堂で最後の例会

11月30日

神大 4期ぶり2部昇格

関東大学サッカーリーグ戦

神大 4期ぶり2部昇格

竹山団地の住民も声援

11月23日

障害者の投票実態把握へ

横浜市

障害者の投票実態把握へ

要介護の認定者も

11月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook