緑区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

霧が丘バザール 買い物難民へ利便性提供 11月6日に開催予定

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表

 霧が丘地域の買い物が困難な高齢者などへの利便性の提供を目的に11月6日、霧が丘4丁目の空き地で「霧が丘バザール」が開催される。現在出店者も募集している。同バザール実行委員の川口信二代表は「賑わいの創出も期待している」と語った。

 昭和50年代にURによって大規模開発された霧が丘地区。開発時に5丁目にあったスーパーは退店し、跡地にはグループホームやデイサービスを提供する「ミモザ横浜霧が丘」が入った。川口代表によると、1丁目では最寄のスーパーやコンビニが撤退。食料や日用品を購入するには不便な状況で、バスで長津田みなみ台や十日市場駅、若葉台(旭区)に買い物に行く、いわゆる”買い物難民”も少なくないという。こうした現状を改善しようと、川口代表は「バザール」を発案。麻生紘二さん、木下昌也さん(令和元年度4丁目自治会長)と実行委員会を結成した。空き地の所有者である石井宗一さんの好意もあり話が進んでいる。

将来の不安多数

 1月には4丁目の約300世帯を対象に生活に関するアンケートを実施。その中で「不満はないが将来は不安」と「日常的に困っている」との回答が約半数を占める結果となった。

 開催予定日時は、11月6日の午前11時からとなっている。当日は、生鮮食料品を積んだ移動販売車と、霧が丘商店街のベーカリーぷかぷかによるパンの販売が決まっている状況だ。移動販売については事前に配布されるチラシで事前予約も受け付ける。同実行委員では現在、実行委員メンバーや当日の出店者も募集している。

 川口代表は「井戸端会議のように地域の人が集まり、賑わいの拠点になっていけたらと考えている」と思いを語った。

 霧が丘連合自治会の塚田順一会長は「何もやらなければな何も変わらない。継続しないと意味もない。慎重に計画してほしい」と話した。

 詳細は川口代表(【携帯電話】080・4337・2371)へ。

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

コロナ禍でも活動継続

みほどんぐりの会

コロナ禍でも活動継続 社会

運営は母親主体

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 経済

ひとり親を支援へ

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

市出身22年ぶり、緑区初

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

日スタで魅力をPR

中山商店街

日スタで魅力をPR スポーツ

横浜F・マリノスら応援

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter