緑区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

霧が丘バザール 買い物難民へ利便性提供 11月6日に開催予定

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表
開催予定地に立つ(右から)麻生さん、石井さん、川口代表

 霧が丘地域の買い物が困難な高齢者などへの利便性の提供を目的に11月6日、霧が丘4丁目の空き地で「霧が丘バザール」が開催される。現在出店者も募集している。同バザール実行委員の川口信二代表は「賑わいの創出も期待している」と語った。

 昭和50年代にURによって大規模開発された霧が丘地区。開発時に5丁目にあったスーパーは退店し、跡地にはグループホームやデイサービスを提供する「ミモザ横浜霧が丘」が入った。川口代表によると、1丁目では最寄のスーパーやコンビニが撤退。食料や日用品を購入するには不便な状況で、バスで長津田みなみ台や十日市場駅、若葉台(旭区)に買い物に行く、いわゆる”買い物難民”も少なくないという。こうした現状を改善しようと、川口代表は「バザール」を発案。麻生紘二さん、木下昌也さん(令和元年度4丁目自治会長)と実行委員会を結成した。空き地の所有者である石井宗一さんの好意もあり話が進んでいる。

将来の不安多数

 1月には4丁目の約300世帯を対象に生活に関するアンケートを実施。その中で「不満はないが将来は不安」と「日常的に困っている」との回答が約半数を占める結果となった。

 開催予定日時は、11月6日の午前11時からとなっている。当日は、生鮮食料品を積んだ移動販売車と、霧が丘商店街のベーカリーぷかぷかによるパンの販売が決まっている状況だ。移動販売については事前に配布されるチラシで事前予約も受け付ける。同実行委員では現在、実行委員メンバーや当日の出店者も募集している。

 川口代表は「井戸端会議のように地域の人が集まり、賑わいの拠点になっていけたらと考えている」と思いを語った。

 霧が丘連合自治会の塚田順一会長は「何もやらなければな何も変わらない。継続しないと意味もない。慎重に計画してほしい」と話した。

 詳細は川口代表(【携帯電話】080・4337・2371)へ。

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク