緑区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

緑区役所 ポスターで商店街応援 デザインは地元画家

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
松井さん(左)と区担当職員
松井さん(左)と区担当職員

 新型コロナウイルス感染症拡大によって落ち込んだ商店街を元気づけようと、緑区役所が応援ポスターを作成した。地元商店街に目を向けてもらうことが目的。中山在住の松井奈穂さんがデザインを手掛けた。

 緑区役所は、新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言や外出自粛要請などの影響で、売上等が落ち込んだ商店街を少しでも元気づけようと「商店街応援ポスター」を作成した。

 ポスター作成は、区民に地元商店街の魅力を伝えるのが目的。改めて地元商店街に目を向けてもらい、活性化につなげたい考えだ。

地元の画家がデザイン

 ポスターのデザインを担当したのは、中山在住で2018年HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)で環境創造部門横浜賞を受賞した画家の松井奈穂さん。松井さんは、夕暮れ時の商店街をイメージし、夕飯の買い物で行き交う人などを表現した。

 「デザインを担当し地元を応援できることは嬉しいこと。行き交う人は多様性を意識した。惣菜屋や八百屋、喫茶店などをデザインした」と松井さん。

 完成したポスターはA3サイズ500枚とB2サイズ70枚。A3サイズは区内7つの商店街(中山商店街、長津田商店街、谷津田原商栄会、鴨居商栄会、竹山団地中央商店会、緑新栄会、霧が丘商店会)の各加盟店舗などに掲示。また、B2サイズは区内の各地区センター、地域ケアプラザ、金融機関、図書館、警察署、消防署など公共施設で掲示されている。

 完成したポスターを目にした区商店街連合会の奥津守会長は「温かみのあるほっとできるようなデザインで良いのでは。ポスターが商店街活性化の一助になってくれれば嬉しい」と話した。

第2弾も予定

 区では今年度中に第2弾のポスター作成を予定しており、担当者は「季節感がでるようなものになるよう考えている。ポスターをきっかけに一人でも多くの人が商店街に足を運んでもらえたら」と話した。
 

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter