緑区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

旧山下小木造校舎・校門 20カ所目の緑区遺産に 「地域で守っていきたい」

文化

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
緑区遺産に登録された木造校舎(上)と校門
緑区遺産に登録された木造校舎(上)と校門

 旧山下小学校(北八朔町1777の1)の木造校舎と校門が20カ所目の緑区遺産に登録された。山下連合自治会の篠崎慧会長は「地域の方々と、登録を祝うことができてうれしい。今後も大切にしていきたい」と話した。

 緑区遺産とは、地域の魅力を発信しようと区が行っている認定制度のこと。現在、昭和レトロな雰囲気を残す商店街「緑新栄会」など20カ所が認定されている。

貴重な歴史的建造物

 山下小学校は、横浜市では最も古い1872年に「中村学舎」として創立。木造校舎部分は、横浜市山下国民学校時代の1942年に建てられたものだ。47年に横浜市立山下小学校に改称、74年からは分校となり86年3月に横浜市最後の分校として廃校になった。横浜市立学校の木造校舎としては、最後まで使用され、県内でも選中期の木造校舎としては、唯一現存する貴重な歴史的建造物だ。

 特に木造階段は、建設当時のまま残されており、躯体部分にも建設当時の部材が残っている。

 また、校門の門柱や門扉も廃校前のものが現存しており、旧小学校の面影を残している。

 山下小学校分校の廃校が決定した時、地域住民から「交流の場として木造校舎を残してほしい」との強い要望が出され、現在は、山下地域交流センターの一部として、活用されている。

記念式典を開催

 緑遺遺産への登録は10月30日。9日には、緑区遺産登録記念式典が開催された。式典には、山下連合自治会の篠崎慧会長や山下地域交流センター管理運営委員会の谷井春夫委員長、岡田展生緑区長のほか、地域住民らも参加。式典では「緑区遺産」と書かれた登録プレートの除幕などが実施されていた。

 篠崎会長は、「貴重な

歴史的建造物。今後も、地域の憩いの場として、長く、大切に使っていきたい」と話した。

 また、谷井春夫委員長は「地域の方々からも『緑区遺産に登録したい』という声が多数あった。今回、無事に登録されて、とても嬉しい」と笑顔を見せた。

 緑区役所の担当者も「緑区遺産は20カ所ある。旧山下小学校の木造校舎、校門以外にも、貴重なものがたくさんあるので、魅力を知り、次世代に伝えていってほしい」と述べた。

建設当時のままの木造階段
建設当時のままの木造階段

緑区版のトップニュース最新6

宣言明けの活性策に期待

横浜市内商店街

宣言明けの活性策に期待 経済

市補正予算など活用

10月28日号

中山に子ども食堂

緑区在住常森さん

中山に子ども食堂 社会

「ほっとする居場所に」

10月28日号

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook