緑区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める 有賀 勇次さん 西八朔町在住 77歳

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

「ほっとする、居場所に」

 ○…戦争で父親を亡くした。朝から夜遅くまで働き、女手ひとつで育ててくれた母親に感謝は尽きない。だが、学校から帰ると家で一人ぼっち。「幼心に寂しさもあった」と振り返った。「共働き夫婦が増える昨今、地域で子どもたちの居場所になれる場を作れたら」と、ボランティアで週に1回、小学生に勉強を教える「みどりパチパチ会」を立ち上げた。現在は、約10人の児童が参加中だ。勉強の合間にはおやつタイムもあるそう。「ほっとできる場を長く続けていきたいね」

 ○…母親に迷惑をかけたくないと、高校卒業後すぐに大手電機メーカーに就職。販売代理店と二人三脚で「新商品をどうお客さんに知ってもらうか」をとことん考えた。今では、当たり前の炊飯ジャーや布団乾燥機。「発売当時は『これ、何に使うの』と全然理解されなかったね」と懐かしむ。現場の声に耳を傾け、粘り強く提案を重ね、信頼を得てきた。

 ○…緑区に住み始めたのは約40年前。仕事一筋で、地域との関わりは薄かった。定年後、思い切って飛び込んだ区民向け講座「みどり『ひと・まち』スクール」。地域のために何かをしたい人達が多く集まっていたそう。「刺激を受けたね。ここで『みどりパチパチ会』の具体的なプランが育った」と感慨深けだ。

 ○…地域活動の幅は広い。ハーモニカサークルにも参加。介護施設などを訪れ演奏を披露している。また、10年以上続けているのは、高齢男性が”男の手料理”を作るサークル。家族にも振舞い「妻の評判も上々だよ」とにこり。夢を聞けば「社会人になった孫たちとゴルフに行きたい」ときっぱり。「小学生たちから元気をたくさんもらっているからね。体はまだまだ丈夫だよ」と夢の実現はすぐそこだ。

緑区版の人物風土記最新6

岸本 美代子さん

「やさしい日本語講座」で初めて講師を務める

岸本 美代子さん

寺山町在住 41歳

12月2日号

岩下 和史(かずふみ)さん

関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会男子800mで優勝した

岩下 和史(かずふみ)さん

神大附属高等学校2年 

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

石田 美寿々(みすず)さん

地元農家とコラボしたクラフトビール作りを行っている

石田 美寿々(みすず)さん

三保町在住 35歳

11月4日号

常森 裕介さん

みどり子ども食堂を28日に立ち上げる

常森 裕介さん

台村町在住 39歳

10月28日号

城守 夏恋(かれん)さん

初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

城守 夏恋(かれん)さん

東洋英和女学院大学3年

10月21日号

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook