緑区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

緑区在住常森さん 中山に子ども食堂 「ほっとする居場所に」

社会

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena
ボランティアメンバー(常森さん提供)
ボランティアメンバー(常森さん提供)

 区内在住の常森裕介さん=人物風土記で紹介=が28日、中山に「みどり子ども食堂」を開設する。食事を必要とする地域の子どもへの支援を目的として、「安心できる、ほっとできる居場所にしたい」と意気込んでいる。

 食事の提供と食料配布を行うみどり子ども食堂は、中山のハーモニーみどり(中山2の1の1)内の部屋を借りて月に2回の頻度で開催していく予定だ。3歳から15歳の子どもとその保護者を対象とし(小学生以下の子どもは原則保護者同伴)、食事の提供には、1食子ども100円、大人300円が必要だ。

 食料の配布は、フードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」と「フードバンクかながわ」と連携して調達しており、無償で提供できる体制を整えたという。

 なお、完全予約制で、用意した分を超える応募があった場合は受け取れない場合もある。

 発起人の常森さんは、経済的な困難を抱える子どもと向き合ってきた経験を持つ。コロナ禍で、困窮する子どもが増加していると知り、2021年6月に立ち上げを決意。緑区社会福祉協議会や中山地域ケアプラザなどの協力を得ながら、準備を進めてきた。運営するボランティアは、インターネット上で募り、約15人が集まったという。

 9月には、初めてボランティアメンバーが集まり、カレーやハンバーグなどの料理を試作したという。常森さんは「熱心で協力的なメンバーが集まった。和気あいあいとした雰囲気で本当に心強い」と笑顔を見せる。

 みどり子ども食堂は、28日に初めて行われ、年内は11月8日、25日、12月6日、23日の午後5時から7時に実施を予定している。

 常森さんは「子ども食堂を必要とする子どもたちに気軽に来てほしい。地域に根付いた居場所を目指したい」と述べた。

 予約や問い合わせは、常森さん【携帯電話】090・8981・3701か、【メール】

kodomomidori@gmail.com。

緑区版のトップニュース最新6

災害時想定し訓練実施

竹山16-2団地管理組合法人

災害時想定し訓練実施 社会

マンホールトイレを設置

12月9日号

ゲーム・ネット依存1割

横浜市小中学生

ゲーム・ネット依存1割 教育

市教委が初の実態調査

12月9日号

おすすめ絵本が小冊子に

おすすめ絵本が小冊子に 社会

「家庭で楽しんで」

12月2日号

カートレース日本一に

市内在住村田悠磨さん

カートレース日本一に スポーツ

親子で掴んだ”最速最強”

12月2日号

不動産業者に協力要請

自治会加入

不動産業者に協力要請 社会

効果あった2社に感謝状

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook