緑区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

GROUP創造と森の声 ボランティアと森再生へ 伐採木利用し体験企画

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
伐採木と石山代表
伐採木と石山代表

 里山ガーデンフェスタ会場の一部の保全林で活動する「GROUP創造と森の声」(石山克幸代表)で現在、管理する保全林で森の再生を目的とした取組みをスタートさせた。このほど体験プログラムを企画しボランティアを募集。企画は6月まで続く。

 同団体が管理する保全林(約2ヘクタール)では、森の中でのアート作品展示やワークショップなどを行っているが、数年前から、カシノナガキクイムシがコナラの木に侵入して木を枯らせてしまうナラ枯れの被害が目立つようになった。

 石山代表によると、コナラの幹に特殊な液体を塗布し可能な限り被害を抑制する対策を取ってきたが、森の中の通路上に大きな枯れ枝が落下するなどの危険があったことから横浜市により2020年度に5本を伐採。今年3月には50〜60本を伐採したという。「メンバーだけではできない作業。安全面の不安は解消できた」と話す石山代表だが、広い敷地内は起伏に富んでおり、太い丸太などを約10人のメンバーで運び出すことは困難な状況だ。

約15人が参加

 そこで同団体は、森の再生を目的として伐採されたコナラの丸太などを利用した体験プログラムを企画し、ボランティアを募集。約15人が集まり、4月24日には枯れ枝を集めて垣根を作る作業が行われた。石山代表は「これを機会に作業を継続していきたい」としている。

 今後は15日、29日、6月12日、26日の活動を予定しており、丸太を利用した椅子やテーブル作りのほか、広場の整備などを行う。同会では引き続き参加者を募集している。各日午前10時〜正午、午後1時〜3時で小学3年生以上が対象。希望者は事前に連絡を(【電話】045・933・1460/石山代表)。

枯れ枝で作成された垣根
枯れ枝で作成された垣根

緑区版のトップニュース最新6

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

女子ジュニアユース発足

FCカルパ

女子ジュニアユース発足 スポーツ

中学生の受け皿に

5月26日号

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ コミュニティ社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook