港北区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

県殉職警察職員慰霊祭柔道剣道大会、柔道の部で優勝した港北署の監督を務めた 廣澤正誠(まさのり)さん 磯子区在住 37歳

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

選手思いの指導 実を結ぶ

 ○…先日行われた神奈川県警内での柔道大会で初優勝を果たした港北署を引っぱってきた。警察官としての任務もこなしながら朝集まり、練習・指導を9月から続けてきた。選手も皆、睡眠時間や自由時間を削ったという。「今まではずっと一回戦負け。勝ち負けよりも、一生後悔する試合をしないようにと伝えてきました」。一戦一戦の積み重ねが優勝につながった。

 〇…4年半前から同署で柔道の指導を始めた。教えることが自らの成長につながると思い、希望。前任者や当時の署長からの後押しもあり、就任した。今大会から出場条件が”柔道を警察になってから始めた人”に変更され、ほとんど経験がない人たちが集まった。約2カ月の短い練習期間の中、一人ひとりの個性を大切にする指導に力を入れた。「やってきたスポーツも違うし、その日の気分も違う。それに合わせて考えていきました」。体力作りは、腕相撲を取り入れるなど、楽しくできるような工夫も。「チームとしての雰囲気がだんだんよくなっていくのを感じました」

 〇…新潟県で、高校卒業後に警察官になるまで過ごす。3世帯の家族の中で、小さい時から、「悪いことはしちゃいけない」と言われ育った。「小学校高学年の時くらいから、悪いことってなんだろう…?ってよく考えていたんですよね」。高校生の時、高齢者が横断歩道を渡れなくて困っていても声をかけられなかった。大人になるにつれ、気恥ずかしくて、正しいことができない。そんな自分がもどかしかった。「警察官の制服を着ているとそれが当たり前にできるんです」

 〇…優勝をしたチームには期待もかかる。「今回を偶然と思われないように、次も勝ちたい」と話す一方で、選手には重荷に感じずに挑んでほしいと願う。「プレッシャーを感じるのは私だけでいいんです。負けて謝るのも私の役目ですから」とおだやかな口調で語った。

港北区版の人物風土記最新6

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook