港北区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

横浜への観光客 最多に 外国人増が後押し

経済

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 2014年中に横浜を訪れた観光客は3452万人、観光消費額は2771億円に上り、横浜市が調査を始めた09年以降で最高だったことが明らかになった。市はこの結果を受け、国内外の観光客に対するPRを強化している。

 これは市が横浜市観光動態消費動向調査を基に推計したもの。宿泊客は前年比18万人増の489万人、日帰り客は同300万人増の2963万人となった。また、市内10カ所の観光施設等で聞き取り調査をして算出した平均消費額をかけた観光消費額は同437億円増の2771億円となった。

 結果について市文化観光局観光振興課は、国による観光振興策としてビザ要件が緩和されたことで外国人観光客が増えていることや、国内では映画やドラマの舞台として認知されていること、横浜開港祭など大規模イベントが多数行われていること、修学旅行の積極的誘致などを理由に挙げる。

国際的人気に課題

 市は将来の少子高齢化、生産年齢人口の減少を踏まえ、国内外の誘客を強化し、経済活性化につなげる方針を掲げるが、特に鍵になるのは平均消費額が高額とみられる外国人観光客だ。市の中期4か年計画では外国人延べ宿泊者数を13年の44万人から、17年時点で60万人を目標に据える。しかし、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が公表した世界の人気観光都市ランキング2015によると、横浜は日本の人気観光都市トップ10にも入っていないなど、国際的な評価の低さが課題だ。市では中国、韓国、台湾などアジア8地域を重点誘客地区としてテレビやインターネットを使い、PRに注力する。

 一方、民間施設も外国人観光客対応に力を入れる。市が14年度に実施した外国人来訪者動態調査で、訪問先として中華街に続き2番目に入った新横浜ラーメン博物館は、世界的なラーメンブームを受け、外国人観光客が増加。ベジタリアンなどのニーズに応えようと精進料理の技法を用いたベジタブルラーメンを販売するなど工夫している。

 市では国内外の認知度向上を目指し、今年3月から「あうたびに、あたらしい(Find Your YOKOHAMA)」をキャッチコピーとして打ち出し、観光客誘致に力を入れている。

港北区版のトップニュース最新6

開館へ、構想固まる

区民文化センター

開館へ、構想固まる 社会

綱島再開発ビル内

10月29日号

工事の安全を祈願

新綱島駅前再開発組合

工事の安全を祈願 社会

関係者ら一堂に

10月22日号

地域のつながり重視

区民の活動意識

地域のつながり重視 社会

調査結果を公表

10月22日号

小机の武将と戦国の世へ

小机の武将と戦国の世へ 文化

地元劇団がボイスドラマ

10月15日号

響け、私たちの音楽

響け、私たちの音楽 コミュニティ教育

区内中学吹奏楽部が交流会

10月15日号

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 社会

県内日帰りに変更も

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク