港北区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

慶應高軟式野球部 26年ぶりの全国へ 中村主将「一戦必勝で」

スポーツ

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena
全国への切符を手にした慶應野球部
全国への切符を手にした慶應野球部

 8月24日に兵庫県で開幕する第63回全国高等学校軟式野球選手権大会に、慶應義塾高等学校の軟式野球部が出場する。全国の舞台は26年ぶり4回目。中村歩貴(ほたか)主将(3年)は「一戦必勝で」と力強く話す。

 同野球部は7月に行われた神奈川県大会のAブロック決勝戦で武相に勝利し頂点に。続く8月の4チームによる南関東大会では緒戦を市川(千葉)に延長12回2対1のサヨナラ勝ち、県勢対決となった決勝では栄光学園(神奈川県大会Bブロック優勝校)を5対4の同じくサヨナラで退け、全国行きの切符を手にした。

 「暑い中(県大会・南関東大会の)6試合を勝ち抜く体力がついていたことが大きい」と振り返った福田修也監督。県大会2回戦で、春に負けていた法政二を相手に、両チーム計25安打という打ち合いを制し勝利したことをポイントに挙げた。

 昨年もレギュラーだった中村主将(セカンド)は「終盤に粘りを出せたことはチームの新しい引き出しになったので、自信につながる」と今後への手ごたえをつかんだ。

緒戦は25日、開新戦

 8月24日から始まる全国大会では、全国16地方の代表がしのぎを削る。慶應の緒戦は25日、明石トーカロ球場での開新(熊本)戦。中村主将は「一戦必勝で臨みたい。練習通りやれば結果はついてくる」と、これまで仲間とともに歩んできた道を信じる。

 県大会、南関東大会を通じ同部の得点は一試合平均7点。どこからでも得点を狙えるチームに「ここまでの勢いで一つ一つ戦い、頂点に近づけたら」(福田監督)。同校教諭の新井田和人部長は「全国大会では自信を持って堂々と戦ってほしい」と話している。

意気込みを語る中村主将
意気込みを語る中村主将

港北区版のトップニュース最新6

コロナ禍でも「つながり」を

新横浜民児協

コロナ禍でも「つながり」を 社会

大きな輪求めラジオ体操

11月26日号

県大会2連覇、関東へ

県大会2連覇、関東へ スポーツ

大綱中女子陸上部

11月26日号

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

アーティストに発表の場

港北テレビ

アーティストに発表の場 文化

無観客コンサート企画

11月12日号

GoTo企画スタート

港北区商連

GoTo企画スタート 社会

14日から、約1300店舗で

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク