港北区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

専門学生 水缶ラベルをデザイン 企業団から表彰

教育

表彰を受けた学生たち
表彰を受けた学生たち

 学校法人岩崎学園が運営する横浜デジタルアーツ専門学校(三辻訓校長)の学生3人が、神奈川県内広域水道企業団(吉川伸治企業長)の「水缶」の新しいデザインを制作。デザインを担当した学生3人が2月25日に同企業団より表彰を受けた。

 同企業団は設立50周年を迎え、イベントで配布するグッズの「水缶」のデザインのリニューアルを同校に依頼。総合デザイン科3年生27人が参加し、計17案の中から大木梨花さん、小原秋穂さん、田中恵理子さんの3人グループの案が採用された。

 一般的なデザインと異なり、アルミ缶に印刷を施すため、使用できる色種が限定されるなか、幅広い年齢層の人々に親しんでもらえるよう「全体を温かみのある水彩風の表現にした」という。

 メインデザインを担当した大木梨花さんは、デザインの採用に驚きながらも「多くの皆さんの元に届くので大変嬉しい」と振り返った。

災害時、「勇気を」

 リニューアルされた水缶「やまなみの雫」(旧名:やまなみ五湖のブレンド水)は、災害発生時には備蓄缶として使用される場合もあり、「有事の際には、自分のデザインが多くの方々を勇気づけられたらいいと思います」と大木さん。

 今後、同企業団では、水缶を新たに7万2千本製作。6月開催予定の「みずきフェスタ」(海老名市)をはじめとして、県内各所で開催される水の大切さや水道施設に関するPRイベント等で配布していくという。

リニューアルした水缶
リニューアルした水缶

港北区版のローカルニュース最新6件

「区の発展に尽力を」

楽しくバザーや工作

4月21日

楽しくバザーや工作

4月18日号

イースターエッグ作り

キュービックプラザ

イースターエッグ作り

4月18日号

白熱のラリー戦

白熱のラリー戦

4月18日号

納税を呼びかけ

納税を呼びかけ

4月18日号

歌う会が150回

歌う会が150回

4月18日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌う会が150回

歌う会が150回

4月23日、港北公会堂

4月23日~4月23日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク