港北区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

新羽小キッズクラブ 認知症、学び考える  ケアプラ職員ら講師に

教育

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 新羽小学校放課後キッズクラブの児童たち45人が7月21日、同校で新羽地域ケアプラザ職員らによる講座「みんなで認知症についてしろう!」に参加した=写真。

 認知症月間とされる9月に向け、同ケアプラザが行っている「オレンジの輪プロジェクト」の一環で、1年生から5年生が参加。認知症について正しい知識を持ってもらい、地域で見守る人を増やす活動を行っている「認知症キャラバン・メイト」でもある職員や新羽町大竹町内会の住民が紙芝居等も取り入れながら児童に認知症の人への接し方などを説明した。

 話を聞き終えた児童は「地域で皆が幸せになるためには」との問いかけに、「皆が優しくする」「助け合っていく」と元気よく答えていた。

 同キッズクラブを運営するNPO法人ソーシャルキッズラボの渡邉悠太さんはケアプラザ職員と一緒に子どもに伝わるよう講座の構成を考えたといい、「ちゃんと集中して聞き、内容を理解していたので良かった」と笑顔だった。

 最後は「誰もが安心して暮らせる町 新羽」のために何ができるか、アイディアを記入したほか、認知症のイメージカラーであるオレンジ色の折り鶴づくりに参加。いずれも9月に同ケアプラザで飾られる予定という。
 

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook