神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

今春から港北消防署長を務める 長谷部 宏光さん 神奈川区在住 49歳

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

地域守るため有事に備える

 ○…5年ぶりの港北消防署。以前は警防担当だったが署長として戻ってきた。「地域のために貢献する人が多く、若い方の活力や年配の方の地域への愛着を感じる」と街の印象を語る。その一方、港北区は人口が多いことに比例して救急要請が多く、救急体制の強化などに取り組んでいく。

 ○…父と兄の姿を見て、おのずと同じ公務員を目指していたが、阪神・淡路大震災で消防隊員が救助にあたる姿に、「人の役に立つ仕事に携わろう」と思い入庁した。コロナ禍では消防局救急課担当課長を務めた。傷病者を医療機関へ搬送する方法や搬送困難事案など、未知のウイルスへの対応にひっ迫。「これで本当に大丈夫なのか」と不安を抱いたこともあったが陣頭指揮を取り切った。能登半島地震では、消防局総務課長として緊急消防援助隊を派遣するなど、被災地のために奔走した。

 ○…家庭では、中1の娘と小5の息子の二児の父。野球に励む息子のため、土日は練習のサポート、朝は5時半に起床して公園で1時間キャッチボールに付き合うことも。「自分自身の健康にもつながる上、子どもの成長を間近で見ることができる」と嬉しそうな表情を浮かべる。また、同じ公園でラジオ体操をしている人とは、顔を合わせると言葉を交わす仲になり、地域の人との輪も広げている。

 ○…港北区の消防の課題として、救急要請の件数が増加していること、有事の際の備えなどを挙げる。救急要請の状況や原因などをデータ分析し、救急隊の増隊や予防救急にも取り組む。また、横浜で災害が発生した場合を想定し、防災計画の見直しや点検・訓練にも力を入れる。「何が必要でどう動くか。初動対応が大事」。そう力強く語る。

港北区版の人物風土記最新6

林 生紗(ありさ)さん

6月21日にフリーペーパー「LOVE」の最新号を自費で発行予定している

林 生紗(ありさ)さん

日吉本町在住 36歳

6月20日

豊田 圭史さん

夏の選手権神奈川大会に第1シードで出場する武相高等学校硬式野球部監督の

豊田 圭史さん

神奈川区在住 40歳

6月13日

高瀨 勝さん

子どもの居場所「たまりBAこづくえ」の代表を務める

高瀨 勝さん

小机在住 84歳

6月6日

阿部 修さん

NHK Eテレの番組の舞台に選ばれた大倉山公園愛護会の3代目会長を務める

阿部 修さん

大倉山在住 78歳

5月30日

笠 佳孝さん

港北警察署長を務める

笠 佳孝さん

新横浜在住 55歳

5月23日

長谷部 宏光さん

今春から港北消防署長を務める

長谷部 宏光さん

神奈川区在住 49歳

5月16日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook