都筑区版 掲載号:2011年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

50周年を迎えた、都筑区などの鳶職人で構成される「神港鳶職組合若鳶会(しんこうとびしょくくみあいわかとびかい)」会長 加藤 裕治さん 緑区在住 44歳

50年の伝統を胸に立ち向かう

 ○…「長い歴史ですよね。プレッシャーが重くのしかかっています」。都筑区など横浜北部地区の18歳から50歳代の鳶職人で構成される「若鳶会」の16代目会長を務める。区のお正月を彩る「都筑区消防出初式」での梯子乗りや、中区の「横浜開港記念みなと祭」のパレード参加など、横浜市内を中心に、50年間変わらない法被(はっぴ)姿で”日本の伝統”を伝えている。「誰でもできることではないから、やりがいがある」。

 ○…現在会員は17人。この10年で約半分に減少した。「規律が厳しい縦社会だからね、なかなか若い人が入ってくれない。だからといっていい加減なやつでは駄目だけれど」。会員増には、会の魅力を上げる必要も感じている。「一緒に活動することで、メンバーの絆が深まる。先輩から、後輩からも学ぶことは多い。成長の場として考えてほしい」と自身の経験から得たメッセージをおくる。他地区で活動する会との交流も盛んで、仲間が増えていくことは”財産”になっているという。

 ○…入会して20年以上が過ぎる。きっかけは当時の会長の勧誘だった。「3、4年ぐらいの間、誘われ続けた。最初は、何をやるのか分からなかったけど、いつの間にか、法被を着るのが当たり前になっていたよ」と振り返る。家族で会社を経営。日々、建築現場で主に家の土台づくりに取り組んでいる。ミリ単位で勝負する世界。一歩間違えば、欠陥住宅になってしまう恐れも。「肉体的な疲れは何ともないけど、精神的なものはこたえるね」と苦笑い。

 ○…『義理と人情とやせ我慢』。鳶職人に伝わる格言。この言葉を噛み締め、伝統の継承に当たる。「メンバーの集まりでも、自分の意見は抑え、一歩引いて見守ることが多い。辛くても表情に出さない、ぶれないことが、まとめる秘訣かな」。50年という歴史を胸に、先人たちから引き継がれた伝統を次の世代につないでいく。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6件

有好 まなみさん

「WOMEN’S MEET UP!」プロジェクトを企画・運営するモヤ→キラ委員会代表

有好 まなみさん

3月15日号

城田 栄一さん

都筑警察署に防犯カメラを寄贈した都筑工場事業所防犯協会会長の

城田 栄一さん

3月8日号

皆川 幸成さん

ビーコルセンターを開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月1日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク