都筑区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

区軟式野球大会Aクラス 川和球友会が優勝 結成50年の貫録見せる

スポーツ

優勝を喜ぶメンバー=同チーム提供
優勝を喜ぶメンバー=同チーム提供
 「第48回都筑区民軟式野球大会」の決勝戦が11月18日、都田公園運動広場で開催され、「川和球友会」(柳下俊明(しゅんみょう)監督)が18歳以上のAクラスで優勝に輝いた。

 軟式野球を通して、区内を中心に活動するチーム同士の交流を深めることなどを目的に、毎年春と秋に行われるこの大会。今回、Aクラスには22チームが出場し、トーナメント形式で競い合った。

3世代にわたる歴史

 川和球友会は50年以上前、日蓮宗 城根山 妙蓮寺(川和町)の前住職である柳下教学(きょうがく)氏が結成。現住職である柳下俊明氏が28年前、先代から監督を引き継ぎ、また今では副住職の柳下教明(きょうみょう)氏も選手として活躍しているという、3世代にもわたる歴史ある野球チームだ。

 同チームは2回戦で、強豪「DNPテクノパック」と対戦。せめぎ合いが続き危ない場面もあったが、若手選手の活躍もあり3-2で勝利した。

 その後は、順調に勝ち進み、迎えた決勝戦の相手は「Iruminaty(イルミナティ)」。初回に1点を先制され、焦る選手たちだったが3回、打席に立ったのは、桐蔭学園高校時代に軟式野球部員として、全国大会に出場した経験を持つ柳下教明選手。「絶対取り返す」という強い気持ちでバットを振ると、ボールは大きな弧を描き、2ベースヒットに。その後、ランナー2、3塁の場面で、振屋皓匡(ひろただ)選手が内野ゴロを放ち、もう1点を追加した。最終的に2-1で相手を下し、都筑区の頂点に立った。

 また同チームは、今大会12チームで争った40歳以上のマスターズにも出場したが、こちらは惜しくも準優勝に終わった。

 柳下監督は「みんなががんばって残した結果。喜びを感じる」と選手を称えた後、「来春はAクラス、マスターズのダブル優勝し、歓喜を味わいたい」と前を見据える。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

需要増加に伴い体制拡充

市救急相談センター♯7119

需要増加に伴い体制拡充

12月13日号

ボッシュグループに決定

区民文化センター等整備事業

ボッシュグループに決定

12月13日号

佐藤選手、2度目の防衛

総合格闘技「修斗」

佐藤選手、2度目の防衛

12月6日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

「兄弟」でリスト杯2連覇

都筑中央ボーイズ小・中学部

「兄弟」でリスト杯2連覇

11月29日号

ビーコルの魅力発信

東山田小個別支援学級

ビーコルの魅力発信

11月22日号

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク