神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2020年11月12日 エリアトップへ

中川有志 テーマ曲で賑わい創出 つながる“なかがわ”制作

社会

公開:2020年11月12日

  • LINE
  • hatena
駅前でポーズをとる右から岩室さん、園田さん、馬場さん、大政さん
駅前でポーズをとる右から岩室さん、園田さん、馬場さん、大政さん

 まちの賑わいを創出しようと中川駅前商業地区振興会(馬場武志会長)を中心に中川のまちづくりをする人々が中川の歌「つながる”なかがわ”」を先月イベントで発表した。11月8日には地元ダンスチームが振り付けをまちなかマルシェで披露し、テーマソングで中川を盛り上げる動きが始動している。

 同プロジェクトは、コロナで地域のイベントが軒並み中止になった中川を盛り上げようと有志メンバーが集まり7月から始動したもの。10月18日に中川まちなかマーケット初披露し、8日には地域で活動するキッズダンスチーム、キャンディキッズによるダンスの振付が披露され動画用の撮影も行われた。振付を担当した同団体の大政明日香さんは「こうして発表の機会が持ててよかった」と笑顔を見せた。

中川の力を集結

 作詞作曲全てを中川にゆかりのある人々で行った同曲。「かねてより歌を作ろうという話もありスムーズに進んだ」と話すのは馬場会長。中川にある介護老人保健施設ソフィア都筑勤務の園田真理子さんが作曲し、NPO法人I loveつづき理事長で、自治体の町おこしのためのテーマソング作成を行う岩室晶子さんが編曲を行った。

 歌詞は中川に住む若者から高齢者までが集まりワークショップを開催して決定。赤土が広がっていた頃からまちを見守ってきた人の思いも共有し、できあがった歌詞には”オべリスクとガラスドーム””緑あふれる中川のまち”など中川を連想させる言葉が散りばめられている。「語り継がれるキロクとキオク」部分が気に入っていると話す馬場さん。「歌詞を見るとまちが思い浮かんでいいね」と微笑んだ。

 「地域のためにできることが私にあるなら」と作曲に立候補した園田さん。これまでも趣味として作曲をすることはあったが地域を巻き込んで行うプロジェクトに参加したのは初という。子どもが気に入るリズムになるように鐘の音をテーマに作成。完成した曲を聴いた同僚からは「すごい!」「もう覚えちゃった」と好評を集めているという。園田さんは「まちの人に長く愛される曲になってほしい」と思いを込めた。

 撮影された動画は現在編集中。プロジェクトチームは「出来上がりをお楽しみに」と話した。

都筑区版のトップニュース最新6

牧野造園が市長賞

よこはま花と緑のスプリングフェア

牧野造園が市長賞

立体デザインに高評価

5月16日

各校から会費徴収を停止

都筑区P連

各校から会費徴収を停止

市内で初の動き

5月16日

子育てに「ゆとり」創出

山中市長インタビュー

子育てに「ゆとり」創出

直接支援で実感へ

5月9日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

外遊びが5年ぶり復活

こどもみらいフェス

外遊びが5年ぶり復活

会場は「セン南」砂の広場

5月2日

ピークから2割減

都筑区子どもの人口

ピークから2割減

人口割合では区内トップ

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook