都筑区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

都筑区内 危険なバス停 6カ所 国交省 調査結果を公表

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 横断歩道者や交差点の近くにあるため、交通事故の危険性が高いバス停の全国的な状況が明らかになった。国土交通省が3月19日に公表した調査結果によると、都筑区内には最も危険なA判定はなかったものの、B判定3カ所、C判定3カ所あることが分かった。これを受け今後、関係行政機関と連携し対策を行う。

 区内では全部で6カ所が危険なバス停として判定された。国が主体となってバス停留所の実態把握と安全性確保を目的に2019年末から全国各地で行われた調査によるもの。神奈川県では今年1月22日時点で、732カ所が危険なバス停として報告されている。

 対策が必要とされるバス停を抽出し、危険性の高い順にABCの3段階に分類。Aは過去3年以内にバスが要因となる人身事故が発生、または停車したバスが横断歩道にかかる停留所。Bは停車したバスが交差点にかかる、または横断歩道の前後5メートルの範囲に停車したバスがかかる停留所。Cは交差点の前後5メートルの範囲に停車したバスがかかる、またはそれ以外の危険性があると判断された停留所が該当した。

関係機関が対応へ

 神奈川県内で、A判定の停留所は27カ所、B判定は370カ所、C判定は335カ所で横浜市内でAと判定されたの4カ所だった。

 危険なバス停が問題視されるきっかけになったのが、18年に横浜市西区の交差点で発生した死亡事故。女子児童が横断歩道をふさいで止まったバスを避けて横断したため起こった事故で、バス停の設置位置が問題となり、今回の全国調査が行われた。

 結果を受け、調査を行った関東運輸支局の担当者は「危険な場所から対応するが、関係機関との調整があるためすべての停留所をすぐに改善するのは難しい」と話す。

 今後は県警やバス事業者と連携しながら、安全上優先すべきと判断したバス停周辺のガードレール設置や、注意喚起看板設などの対策を行うとしている。
 

B判定の「柚の木谷」バス停(東急バス/綱島方面)手前の道路をふさぐように停車するバス
B判定の「柚の木谷」バス停(東急バス/綱島方面)手前の道路をふさぐように停車するバス

都筑区版のトップニュース最新6

センター北に交付拠点

マイナンバーカード

センター北に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口新設

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

備えの体験施設を開設

東京ガス横浜北

備えの体験施設を開設 社会

エマージェンシーハウス

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

危険なバス停 6カ所

都筑区内

危険なバス停 6カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月22日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter