都筑区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

東京ガス横浜北 「在宅避難」世界の認識へ 外国の人が学ぶ場に

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
熱心に耳を傾ける参加者
熱心に耳を傾ける参加者

 近年、注目されている「在宅避難」について知ってもらおうと、茅ケ崎中央の東京ガスライフバル横浜北で7月19日、区内に住む外国籍の人たちによる見学会が開かれた。参加者は新しい日本の取組を興味深い様子で学んでいた。

 同店を運営する東京ガス横浜中央エネルギー株式会社は今年4月、非常時の備えを具現化するのを目的としてショールームの一画に展示ブース「エマージェンシーハウス」を開設。「7日間」をキーワードに災害時に自宅で生活するのに必要な実物を展示。来場者が触れて体験できるように工夫している。

 この日、訪れたのは外国人の支援や交流に取り組むボランティア団体「チャルラス都筑」のメンバー。日本人に加え、中国や韓国、台湾、マーレーシア出身の人たち約25人が参加した。参加者たちは災害時に役立つ家電や生活用品を手に取り、家族で7日分必要な飲料水の量を確認したり、賞味期限が近づいた食料品から使うローリングストックの方法を学んだりと、熱心に「在宅避難」について学んだ。

 台湾出身の劉文雅(リュウ・ウェンヤ)さんは「台湾も地震や台風の被害が多いが、在宅避難のことはあまり考えられてこなかった。コロナもあり関心が出ていると思う。異常気象と言われるが、これが普通になっている。防災への意識を変えなければならない」と話した。

 案内役を務めた同社の黒田宏記さんは「こうした取組を通じて日本に住む外国の人たちが防災やガス器具などの相談できる場がないことを知った。豪雨は今や世界共通の課題になっている。特に日本に住む外国人の方にもそのリスクを考えてもらう機会になるといい」と話している。

都筑区版のトップニュース最新6

首都圏で「幸福度」2位

都筑区

首都圏で「幸福度」2位 社会

大東建託ランキング調査

9月16日号

認知症当事者「希望」語る

認知症当事者「希望」語る 社会

「自分らしく地域貢献を」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ワクチン接種に積極的

女性がん患者

ワクチン接種に積極的 社会

区内団体の調査で明らかに

9月9日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

全中水泳2冠の快挙

川和中女子チーム

全中水泳2冠の快挙 スポーツ

フリー、メドレーリレーで

9月2日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook