都筑区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

中川地区 散歩道づくりが選考通過 今春から緑のまちづくりへ

文化

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
同会のメンバー
同会のメンバー

 横浜市の助成事業「地域緑のまちづくり」に応募していた『中川緑と水と歴史をつなぐ会』の「早渕川・老馬谷ガーデンを中心とした緑と水と歴史をつなぐ散歩道づくり」の提案が2次選考で採択された。このほど横浜市から通知が届き、メンバーは4月からの緑のまちづくりに向けて意気込んでいる。

第二の緑道を

 「都筑区を横断する早渕川を第二の緑道として親しまれるように拠点を整備し、まちが出来てから30年が経過した港北ニュータウンの緑豊かなまちづくりの方針にもう一度立ち返ったまちづくりに取り組みたい」と話すのは同会代表の塩入廣中さん。

 同会は早渕川・老馬谷ガーデン運営委員会とNPO法人ぐるっと緑道、中川西町内会などのメンバーで構成される。中川3丁目の川沿いにある「早渕川・老馬谷ガーデン」の緑を充実させ、中川駅と早渕川を花と緑のラインで結び、山崎公園や大山街道とつないで地域に愛される回廊をつくる計画を提案した。散歩道として同ガーデンが親しまれるようにパーゴラやフェンスを使った緑化の計画や、周辺の歩行者専用道路や個人宅の緑化、道しるべづくりなども盛り込んでいる。

最大3年1500万円

 今年度の同事業の二次選考を通過したのは市内7団体で、都筑区内では同会のみ。3月末までに横浜市と協定を結ぶ。協定を提携した団体には、地域の緑の創出や緑を守り育てる活動の費用として最大3年間で1500万円が助成される。

 塩入さんは「2年がかりで検討してきたプランが審査に通ってよかった。これからが本格的な活動になる」と気を引きしめていた。

早渕川・老馬谷ガーデン(1月15日撮影)
早渕川・老馬谷ガーデン(1月15日撮影)

都筑区版のトップニュース最新6

バスケで介護に脚光を

GFLOWEXE

バスケで介護に脚光を スポーツ

区内事業者 3x3参入

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook