神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2023年2月23日 エリアトップへ

地域つなぐ小さな「図書館」 川和台「はちのじぶんこ」

社会

公開:2023年2月23日

  • LINE
  • hatena
「はちのじぶんこ」を紹介する黒沼さん
「はちのじぶんこ」を紹介する黒沼さん

 川和台の住宅街にひっそりと佇むフリーライブラリー「はちのじぶんこ」。箱の中の本を自由に借りたり、誰かとシェアしたい本を寄贈したりすることができる。住民の黒沼宣子さんが設置したこの小さな図書館を通じ、本が人と人の間を8の字に巡る地域の新たなコミュニティが育ちつつある。

 「私が提供するのはきっかけと場所と箱。ここが存在しているのは沢山の方が使ってくれるからこそ」と黒沼さん。

 6年前に川和台に移住し、本の補修ボランティアやブックカフェの運営に携わってきた。そんな中で出会ったのがアメリカ発祥のフリーライブラリー。立ち寄った人が手続きなく自由に借りたり返したり、時には誰かに読んでほしい本を寄付したりと、直接の触れ合いがなくても、本を通して人の存在を感じられるその仕組みに惹かれ、2021年に自宅前に同文庫を開設した。

 「養本箱」と名付けた箱にはデザインはもちろん、雨風・紫外線対策など様々なこだわりが。今では本の9割が地域住民から寄付されたもので、絵本から小説まで様々なジャンルが並ぶ。幼児、中年層、高齢者と年代問わず利用があり、最近では感謝の気持ちが綴られた置手紙をもらうことも多いという。

「いつか区内全域に」

 「フリーライブラリーが店舗や緑道、公園など区内全域に展開されること」を夢に、地域を巡ってその魅力を広めている黒沼さん。昨年は加賀原地域ケアプラザで「かぶとむし文庫」が開設。今後は障害福祉サービスの通所施設「カプカプ川和」での文庫開設も決まるなど、着実にフリーライブラリーの輪は広がっている。

 黒沼さんは「運営側も利用者も自由で気楽であることが一番大切。その上でフリーライブラリーという場所が、皆が本でつながる拠点になれば」と話した。

設置場所などの詳細はここから
設置場所などの詳細はここから

都筑区版のトップニュース最新6

「ゆわっこのおうち」開所

一般社団法人うるの木

「ゆわっこのおうち」開所

障害児の居場所の1つに

4月11日

レスリング日本代表に

都筑スポセン岡本景虎さん

レスリング日本代表に

11日からアジア選手権

4月11日

公園すべて禁煙へ

横浜市

公園すべて禁煙へ

条例改正目指し、来春から

4月4日

50年後、区人口2/3に

横浜市人口推計

50年後、区人口2/3に

世帯数は約8割に

4月4日

30周年契機に愛着醸成

都筑区予算案

30周年契機に愛着醸成

自主企画事業に約1億円

3月28日

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

都筑区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook