神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

一般社団法人うるの木 「ゆわっこのおうち」開所 障害児の居場所の1つに

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
長岐代表理事(右から2番目)と運営スタッフ
長岐代表理事(右から2番目)と運営スタッフ

 一般社団法人うるの木(長岐裕美(ながきひろみ)代表理事)は4月1日、港北幼稚園=早渕=内に児童発達支援事業所「ゆわっこのおうち」を開所した。今後、障害児や医療的ケア児の常設の居場所として機能していく。

 児童発達支援事業所とは、「ダウン症」や「自閉症」などの障害のある未就学の子どもに対し、日常生活に必要な基本的な動作の訓練や集団生活への適応指導を進める場所。市内に200カ所以上あるが、同所のように幼稚園や保育園に併設された場所はまだ珍しい。長岐さんは開所の理由を「障害のある子どもと保護者が『行きたい』『通わせたい』と思える”居場所”の常設を目指したかった」と話す。

 同事業所に通う障害児は基本的に、併設する港北幼稚園の園児と日常生活や給食、遠足などの課外活動も含め、可能な限り時間をともにする。交流の中で、集団生活への慣れや周りとの協調性を育むという。また、園児たちも幼少期から『障害』にふれる機会をつくることで「偏見をなくし、障害への理解を深めてもらうことができれば」と長岐さんは期待を込める。

 事業所には、児童発達支援管理責任者や保育士、理学療法士ら障害や医療的ケアの専門的知識のあるスタッフがおり、1日定員10人の子どもを受け入れる。また、地域の子育て拠点「ポポラ」や療育センター、区役所などと連携し、イベントの開催なども行っていく。「落ち着いてきたら相談会などを実施したい」と長岐さんは語った。

 事業所は夏休みなどの長期休暇にも利用可能。通所は無料だが、通所受給者証が必要。(問)【電話】045・620・5282

施設の外観
施設の外観

都筑区版のトップニュース最新6

医療・介護者に感謝込め

都筑軽音楽文化協会

医療・介護者に感謝込め

公会堂でコンサート

5月30日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

5月30日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月30日

全国一斉「スタンド」開催

小児がん支援レモネードパーク

全国一斉「スタンド」開催

6月9日、セン南駅前で

5月23日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月23日

各校から会費徴収を停止

都筑区P連

各校から会費徴収を停止

市内で初の動き

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook