神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年6月6日 エリアトップへ

陸上・県高校総体 区内から12人が関東へ 6月14日から東京で

スポーツ

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
2連覇を飾った荏田高・淡路さん
2連覇を飾った荏田高・淡路さん

 関東高校陸上競技大会県予選会が5月11日から19日に横浜市三ツ沢公園陸上競技場=神奈川区=で行われた。区内の3校から、南関東大会に12人が出場する。

荏田高

 淡路亮介さん(3年)は、男子走幅跳で7m37cmで優勝。昨年に続く連覇で関東行きを決めた。「コンディションが良く、練習でできたことが試合で出せた」と話す通り、1本目でいきなり自己ベストを更新する7m27cmを記録。2本目で追い風参考ならが7m37cmを出し、勝負を決めた。

 冬場に、「トーイング走」というチューブでけん引してもらうことで普段の自分より高いスピードで走るトレーニングを継続的に積んだ成果で助走スピードの向上。跳躍が安定し、好結果につながっているという。6本目の跳躍は惜しくもファールだったが、7m50cm超の手ごたえをつかんだという。「どんな大会でも緊張しない」という淡路さん。関東大会では7m50cmを目標に、1位でインターハイ出場を目指す。

 對馬マリアムさん(2年)は女子100mで3位、200mで6位に入賞。4×100mリレーを含め3種目で関東大会に出場する。

 100mでは「前に人がいると力んでしまう」という對馬さん。当日は両隣のレーンの選手が視界に入らず、リラックスして走れたという。6位入賞が目標だったが「3位でびっくりした」と喜んだ。関東大会では最大1日4本のレースを走る。アイシングなどによる疲労回復も重要な要素になるが、「最後は気合」と力を込めた。

 女子100mハードルで6位に入賞した高橋燦衣さん(2年)は、初めての決勝進出だった。「不安だったが。周囲のサポートのおかげで落ち着いて走れた」と感謝した。予選のタイムは決して良くなかったという高橋さんだが、準決勝、決勝とタイムをあげ、決勝では自己ベストを記録した。「1日に3本走るのも初めてだったが、レース毎の体の動かし方や休憩の取り方など学びながらできた」と自らの成長を感じる大会となった。

 女子4×100mリレーは、對馬さんと宮島あずささん(2年)、宮内日菜さん(2年)、仁谷美咲さん(1年)で6位に入賞した。

 昨年は決勝に進めなかったが、今年は予選を4位で通過。「3位表彰台」を目標にレースに臨んだが、わずか0・13秒及ばなかった。1年生でアンカーを務めた仁谷さんは「初めてで緊張したが、先輩たちが気にかけてくれ、自分の走りをすることだけ考えた」と頬を緩めた。

 リレーチームは、秋の新人戦までを視野に入れ、47秒台前半を目標に掲げ、大会に臨む。

中大横浜高

 柏木創太さん(3年)は男子5000m競歩で6位に。自己ベストを更新しての入賞に「ほっとしている」と安堵した様子。今回のレースを「前半はペースを掴み順調に走れたが、後半で失速してしまった」と振り返る。見つかった課題については、「距離をひたすら歩くことで改善したい」と気合を込めた。

 岡崎萌々さん(2年)は女子800mで6位、1500mで4位に入賞した。試合当日は「調子がよかった」というように、1500mでは自己ベストと約1秒差の記録を残した。しかし、課題もあったようで「スローペースな展開に翻弄されてしまった」と振り返る。関東に向けては、「強みは自分の力でレースを進めることなので、持ち味を生かしたい」と話した。

 松村和音さん(3年)は女子5000m競歩で5位に入賞し、昨年に引き続き2回目の関東大会出場を決めた。「あまり緊張はしなかったけれど、風に煽られて後半で少し失速してしまった」とレースを振り返る。「関東では、上位集団にくっついて後半でスパートをかけたい」とレース展望を語った。

 白木佳乃さん(3年)は女子やり投で一本目に35m55cmを投げて6位に入賞した。投げのフォームなど技術力が武器の白木さん。「今までの大会で一番緊張した。力んでしまったので、関東大会では自分の強みを充分に発揮したい」と話す。初出場となる関東大会に向けて、「もっと練習して1mmでも遠くに飛ばせるように頑張りたい」と力強く語った。

川和高

 棚田康平さん(3年)は男子砲丸投で5位に入賞し、中学3年以来の関東大会出場を決めた。

 関東大会出場を最低限の目標にしていた分、大会2週間前から緊張していたという棚田さん。当日は調子も良く、2投目で自己ベストに迫る記録を出したが、「13m半ばまで出したい」という欲が空回り。その後は不発。「不完全燃焼」とうなだれた。それでも念願の関東大会出場に気持ちを切り替える。目標は決勝進出。「今の自分では難しいが、3投目までに14m台の記録を出して決勝に残りたい」と意欲を見せた。

 齊藤葵さん(1年)は女子走幅跳で5位入賞。1年生で関東出場を手中にした。

 中学時代はプレッシャーもあり、あまり楽しめなかったという齊藤さん。大会では高校のレベルの高さと雰囲気に飲まれそうになったが、顧問の先生から「ガンガンなんでもやっちゃって」と声を掛けられ、のびのび攻めの試技ができたという。

 助走のスピードがない分、跳躍力でカバーするスタイルが特長の齊藤さん。中学時代に出した自己ベスト(5m42cm)と中学の全国標準記録(5m45cm)の更新が、今の目標だが、「大会の雰囲気を味わい、のびのびと跳べたら」と気負わずに語った。

 南関東大会は6月14日(金)から17日(月)まで、東京の駒沢オリンピック公園総合運動場で行われる。

短距離4種目で関東に出場(左から)仁谷さん、宮内さん、對馬さん、宮島さん、高橋さん
短距離4種目で関東に出場(左から)仁谷さん、宮内さん、對馬さん、宮島さん、高橋さん
(右から)柏木さん、松村さん、岡崎さん、白木さん
(右から)柏木さん、松村さん、岡崎さん、白木さん
健闘を誓う棚田さん(右)と齊藤さん
健闘を誓う棚田さん(右)と齊藤さん

都筑区版のトップニュース最新6

「踊ることで誰かの力に」

ダンス&パフォTSU・ZU・KI

「踊ることで誰かの力に」

「3.11」から続く支援公演

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

個室授乳室を駅に寄贈

小児科医望月さん

個室授乳室を駅に寄贈

市営地下鉄で初導入

7月4日

県初Vで2年連続全国

港北ブレイズ

県初Vで2年連続全国

全日本小学生男子バレー

7月4日

「無料塾」 活動の輪、広げて

都筑区在住吉沢さん

「無料塾」 活動の輪、広げて

開校3年で成果も

6月27日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook