旭区版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

本の楽しさ、児童に 二俣川看護福祉高がお話会

教育

感情を込めて読み聞かせる生徒
感情を込めて読み聞かせる生徒

 県立二俣川看護福祉高校の図書委員会と手話部の生徒が8月2日、二俣川小学校はまっ子ふれあいスクールの児童に絵本の読み聞かせなどを行う「お話会」を開催した。

 絵本の読み聞かせや手話ソング、ゲームを通して読書の楽しさを知ってもらおうと、二俣川看護福祉高校の学校司書・山本千夏さんが企画。今回が初の開催となった。

 伝言ゲームやスピーカーゲームでは、子どもたちは大盛り上がり。絵本の読み聞かせの時間になると「ゲームのほうがいい」という声も。しかし、手に障害を持つ女の子を主人公にした絵本「さっちゃんのまほうのて」を生徒が感情を込めて読み聞かせると、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていた。

 保育士を目指しているという同校2年の名古屋瑠璃さんは「子どもたちをまとめるのはすごく大変。あらためて学校の先生はすごいなと思った」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク