旭区版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

今年25周年を迎える病院ボランティア会「ランパス」の会長 椎野悳子(とくこ)さん 中白根在住 76歳

寄り添い そっと灯す光

 ○…「Lampas(ランパス)」とはスペイン語で「ともしび」を意味する。病院での患者のケアを活動の中心とし、孤独に占められそうな心に「灯り」をともし続けること25年。「ボランティアを始めるのは難しいことじゃない。だけど、継続することには苦労も多かった」。移動図書や患者のマッサージ、音楽会の開催など活動内容は幅広い。

 ○…活動は現在、県内13の病院に広まっているが、病院からの金銭的な補助は受けないという方針を持つ。「病院主導ではなく、自立した会でありたいから。患者のためになることを、病院と同等の立場で話し合いたい」。ボランティア会としての揺るぎない信念がそこにはあった。そのため、必要な物は自分たちで集めなければならない。「でもね、本当に困ったときには神様は助けてくれるのよ」と明るく話す。

 ○…東京の大森出身だが、小学生のころ結核性の病気とされる「肋骨カリエス」を患い、3年ほど療養のため母の実家・宮城へ。「東京からいきなりやってきて、しかも病気で。だから友達もできなかった」。そのとき感じた病人の孤独さや理不尽さが、今の活動につながっている。会発足のきっかけは、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の開院当時の院長が、カトリック二俣川教会の司祭に持ちかけた「家庭的な病院にしたい」という思い。「すでにボランティア活動を行っていたけど、当時教会の役員を務めていたから」と立ち上げの経緯を振り返る。

 ○…友人やお世話になった人には手作りの「にんじんパン」を贈ることもしばしば。孫の部活の試合や、クリスマスの時期などには、10斤ものパンを焼いて配ることもあるという。「おいしいって言ってくれるし、栄養価も高いの」と誇らしげに笑う。プレゼントするときには、一つひとつ袋に入れ、かわいいシールでとめる。細部まで丁寧な心配りを忘れないのは、お菓子づくりでも変わらないようだ。
 

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク