旭区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

旭高校女子バスケ 34年ぶり県制覇 関東予選で金沢総合下す

スポーツ

目標は「全国大会出場」の旭高女子バスケ部
目標は「全国大会出場」の旭高女子バスケ部
 第67回関東高等学校バスケットボール選手権大会・神奈川県予選会女子決勝が5月6日に秦野市総合体育館で行われ、県立旭高校=下川井町=が大会12連覇中だった強豪・金沢総合高校=金沢区=を75-46で下し、34年ぶり2回目の優勝を果たした。6月8日から始まる関東大会本戦には予選会上位5チームが進む。

 旭高は序盤、第1クオーターから17点差のリードでゲームを進めると、その後一度もリードを許すことなく勝ち切った。この日22得点の坂本コーコ麻世さん(3年)は「大会を通じ(交代を使って)全員で戦えたので、疲れを残さず良いコンディションで臨めた」と勝因を分析した。

 「全国で通用する選手とチームになる」-。旭高女子バスケ部が掲げる目標の前に、常に立ちはだかってきた金沢総合高。最近では、昨年11月のウィンターカップ、今年1月の新人戦で対戦し、いずれも7点差で敗れている。「相手が強いというより自分たちの力を出し切れずに負けた」と顧問の講武達雄教諭(57)は振り返る。1月から現在までの間に「以前から目指してきた『チームで守り、チームで攻める』というのがようやく少しできるようになってきた。3年生(の能力)が伸びてきたのも大きい」と変化を話す。

 春休み期間は、すべて遠征に費やした。愛知や大阪、千葉に出向き、各地のインターハイ常連校と練習試合を重ねる中で全国を具体的に意識した。主将の稲葉絵里さん(3年)は「通用しない部分もあったけど、先輩から受け継がれてきた旭高の『1対1の強さ』は、全国レベルの相手にも通用するんだと実感できた」と手応えを話した。

目指すは全国

 3年連続の関東大会出場を決めた同チームだが、目標はあくまで全国。夏のインターハイに向けて6月から始まる県予選突破を目指し、練習に励んでいる。講武教諭は以前、荏田高校=都筑区=で2度の全国大会出場経験があり「3年生は負ければ引退という大会。何が起こるかわからない怖さがあるので、できる限りの準備をしたい」と気を引き締める。稲葉主将は「どのチームも絶対に勝ちたいと思っているはず。気持ちでも負けないようしっかりと練習して大会に臨みたい」と力を込めた。

旭区版のローカルニュース最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク