旭区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

ハマ弁食べて知って 南希中で普及イベント

教育

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
ハマ弁を食べる生徒たち=南希望が丘中提供
ハマ弁を食べる生徒たち=南希望が丘中提供

 配達弁当「ハマ弁」への理解を深める取り組み「ハマ弁デー」が、9月から10月にかけて南希望が丘中学校(内田克弥校長)で実施された。

 2017年1月から市立全中学校で実施され、来年度からは学校給食法の「給食」に位置付られるハマ弁。市教育委員会では喫食率の向上に向けてさまざま取り組みを行っている。ハマ弁デーはその一環で各年度で希望する中学校が実施。市教委によると、今年度は旭区内で南希望が丘と都岡の2校で実施された。

 南希望が丘中では9月16日に3年生、10月20日に2年生、26日に1年生を対象に実施。1年生の開催日にはPTA向けの試食会も行われた。同校での通常時の喫食率は2割に満たないというが、実施日には9割近い生徒が利用。生徒からは「ご飯と味噌汁が温かくておいしかった」「からあげの味が好き。でも大きくて食べにくい」などさまざまな意見があがった。

動画で身近に

 同校ではこの取り組みに合わせ、学校保健委員会が中心となってハマ弁を含めた食育の活動を展開。生徒が考えたメニューを紹介する動画を作って放送するなど、生徒たちがハマ弁や食を身近に感じられるような取り組みを進めている。

 初のハマ弁デーを終えて同校養護教諭の土田直美さんは「これまで一切食べていない子も多かったので、まずは食べてもらいたかった。これをきっかけに食について考えてもらい、ハマ弁も選択肢の一つになれば」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6

「親子で絵本、楽しもう」

旭図書館

「親子で絵本、楽しもう」 社会

今日から申込開始

6月30日号

サンハートで銅版画展

地下鉄などの公文書公開

地下鉄などの公文書公開 社会

8月末まで

6月30日号

区内でグッズを作成

タウンニュース

区内でグッズを作成 文化

回覧袋やカトラリー

6月30日号

あっとほーむデスク

新幹線望む崎陽軒ルーム

新幹線望む崎陽軒ルーム 社会

ホテルアソシア新横浜に

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook