神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2021年7月1日 エリアトップへ

団地入居の建築学生たち 地域で設計・施工を実践

社会

公開:2021年7月1日

  • LINE
  • hatena
左近山アトリエ131110の机を施工する様子(上)と栖の工房のメンバー(栖の工房提供)
左近山アトリエ131110の机を施工する様子(上)と栖の工房のメンバー(栖の工房提供)

 左近山団地に居住する横浜国立大学の建築専攻の学生たちが、ユニット「栖(すみか)の工房」を結成して活動している。メンバーは平田雄基さん・河野奏太さん・長岡稜太さん・張叫橋さんの4人。地域の中で設計から施工までを仕事として請け負い、実践的に取り組む。

 今年4月に最初の仕事として手掛けたのは、商店街にあるアート拠点・左近山アトリエ131110に置く机の作成。同アトリエでは年間を通じて展覧会を行っているため、展示に合わせ机を移動できるよう軽量設計に。1脚から複数の机を集めての使用まで、コロナ対策をしながら幅広い用途に使えるよう、可変性を持ったスタイルに1カ月で仕上げた。

 現在は口コミを通じ、旭区以外の場所からも依頼が舞い込む。平田さんは「施主さんと一緒に作り上げるのがコンセプト。気軽に話しかけてほしい」と話す。問合せは【メール】kobosumika@gmail.comへ。

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

市が6件の事業計画を認定

市が6件の事業計画を認定

企業誘致を促進、ホテル建設に助成金40億円

4月17日

障害の有無を問わず、ともに楽しむ「ツナガリウォーク」

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

20日に室内楽演奏会

20日に室内楽演奏会

サンハート、入場無料

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 7月20日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook