泉区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

いずみ走友会 タスキ繋いで新潟へ 30年節目に350km走破

糸魚川のゴール地点で
糸魚川のゴール地点で
 いずみ走友会が創立30周年を記念し、5月3日〜5日、本州横断350キロの駅伝(リレーマラソン)に挑戦した。5年ぶりに走破したもので、「あの景色とあの感動をもう一度」というスローガンのもと20人が参加した。

 5月3日の早朝、いずみ台公園を出発し、3日間かけて横浜から新潟までリレーで繋いだ。1日目は山梨県勝沼町、2日目は長野県安曇野市を目指し、3日目に新潟県糸魚川市へ。日本海側への走破を達成した。

 リレーマラソンは今回で3度目。2004年5月に実施した1回目は、同会の創立20周年記念として日本橋(東京都)から糸魚川間を走った。2008年の2回目は、新潟県中越沖地震の被災地復興や、横浜開港150周年の節目にふさわしいイベントをとの声が上がり実施した。30周年を機に、過去2回のリレーマラソンのような大きなイベントを求める気運が再び高まり、3度目の挑戦が決まった。

 1日目と2日目は20人、3日目は18人が走り、10キロ(一部5キロ)ごとにランナーを配置。1日平均120〜130キロを走った。

 同会の山下鉄明会長は「今回のリレーマラソンは大成功だった。全日程を通して天候に恵まれたことや、事故やケガ人もなく、全員で走り切ることができて良かった」と話し、走る喜びと健康の大切さを再確認した。柏崎市の公園に5年前、同会が植樹した「もみじの樹」が順調に育っていることも確認することができた。

 今回のリレーマラソンはゴールデンウィークと重なっていたため、横浜から山梨間で渋滞に巻き込まれる苦労があった。先導車や随走車がランナーの前方を走るはずだったが、渋滞で車が止まっている間にランナーが先に走って行き、走行距離が長くなってしまうこともあった。山梨県を過ぎるとスムーズに繋がり、特に安曇野から白馬間は新緑が美しく、景色を楽しみながら気持ち良く走ることができたという。

 1回目から今回までリレーマラソンのメンバーは変わっていない。会員の年齢も上がっているため、全体の走力が落ちてきているという。山下会長は「新しく若い力が必要」と課題を話し、今後も活動を継続していくために、新しいメンバーを増やしていきたいと意気込んでいる。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク