戸塚区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

なでしこ 近賀選手、「金」手に凱旋 家族、地元に優勝報告 疲れ見せない笑顔光る

近賀選手と葛西区長(寿司雅で)
近賀選手と葛西区長(寿司雅で)

 サッカー女子ワールドカップで世界一に輝いた日本女子代表「なでしこジャパン」の近賀ゆかり選手(27)(DF)が7月20日、故郷の戸塚区に凱旋した。近賀さんは金メダルを手に、激闘の疲れを見せない笑顔で地元へ優勝を報告した。

      ◇

 近賀選手は午後3時半、両親が営む「寿司雅(すしまさ)」(汲沢町)に到着、父雅志さん(58)、母みどりさん(56)、後援会メンバー数人に迎えられた。葛西光春区長も駆けつけ、祝福の花束を贈呈。2ヵ月ぶりに帰宅した近賀選手は「語るより先に、両親にメダルを手渡しました」「日本の方がこんなにも注目しているとは知らなかったので、成田空港に着いてびっくり。地元の方もずっと応援して下さって、地元って良いものだなとつくづく感じました」と、興奮冷めやらぬ様子で語った。

 最も印象に残った試合は、開催国ドイツとの対戦。苦しい状況の中、チーム一丸となって勝ち取った一戦が、メダルへの大きな一歩になったという。「攻撃に参加する場面がなかなか作れなかった点は悔いが残るが、守備面では仲間とカバーし合い、普段以上のプレーができた」と振り返った。

父「夢のよう」

 「それはもう、信じられません。自分の娘があの場に立っているなんて。夢のようです。フル出場で、走りきってくれてうれしい」と喜びを語る雅志さん。さっそく、近賀選手の好物である中トロやいくら、納豆巻きなどを握り活躍をたたえたという。

 近賀選手はその後、寿司雅が所属し、近賀選手を応援している戸塚東口商店会の「ぷちらぱん」と向かいのYMCAを訪れた。近賀選手を一目見ようと、商店主や子ども、親など約110人が集まった。近賀選手は一人ひとりに笑顔でサインをするなどして応えた。ぷちらぱん店長で同商店会の青木陽会長(45)は「疲れてるところほんとにありがたい。金は感無量」。

 9月にはロンドンオリンピックのアジア予選が開催される。「出場権獲得が絶対条件。厳しい戦いですが、もう一度金メダルをとりたい」。力強い眼差しは既に次なる山頂を見つめている。

 また、横浜市は同日、近賀選手へのスポーツ栄誉賞授与を発表した。
 

YMCAでは多くの子どもに囲まれた
YMCAでは多くの子どもに囲まれた

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「市政を大胆に前進」

法衣をキルトでリメイク

上矢部町在住諸星さん

法衣をキルトでリメイク

4月5日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク