戸塚区版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

「ウメ子」展を開催する日本画家 勝山治実(はるみ)さん 原宿在住 48歳

描きたい、いのちの光彩

 ○…国登録有形文化財である清閑亭(小田原市)で9月14日(水)から19日(月)まで、個展「ウメ子」を開催する。小田原城址公園内の動物園で、60年にわたり市民に愛され、一昨年、62歳の生涯を閉じた象・ウメ子。人間なら100歳にもなる、いのちの年輪に心を寄せ描いた日本画約20点を展示する。「動物画というより、肖像画として描きました」と、目を細める。

 ○…横浜生まれの横浜育ち。幼いころから動物好きで、犬、チャボ、十姉妹(じゅうしまつ)、金魚に鯉と、大切に育てた。朝から晩までデッサンに明け暮れた密度の濃い浪人生活を送り、二度目の受験で金沢美術工芸大学に入学。「実は、浪人時代によく描いていたのが、地元の野毛山動物園で50年以上親しまれてきた象・はま子だったんです。『いつか作品にしてあげるよ』と約束したのに、2003年に老衰で亡くなってしまって……」。わだかまりを払拭しようと筆をとったのは07年。はま子と同世代のウメ子を2年越しで描いた縦2m超の大作は、神奈川県展に入選。ウメ子は会期中の09年に老衰で天寿を全うしたが、その後も「ウメ子は何を考えてきたのか、どんな出会いを重ねてきたのか」キャンバスに問い続けた。今回は、銀座・みゆき画廊に続く二度目の「ウメ子」展だ。

 ○…「技術やセンスはない。個性的でもない。ただ、奇をてらわずにコツコツと描いていきたい」。訥々(とつとつ)とした語りに優しさが薫る。墨絵、絵巻物、現代画など「狭いようで広い」日本画の可能性を模索する日々だ。08年からは港南区に絵画教室「あとりえカツヤマ」を構え、子どもからシニアまで幅広く手ほどき。同じ日本画家の妻と交代でアトリエを使うため、自身の創作時間は3〜4時の早朝という。

 ○…お酒は毎晩、ちびちびとたしなむ程度。絵画以外の趣味や関心を尋ねてみたが天井を見つめて「……」。夢中で被写体と向きあい、無心で描いている時間が至福の時、と笑う。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク