戸塚区版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

8月21日にとつか区民活動センターで講座を開く、「想いをカタチにプロジェクト」代表 横田 早苗さん 小田原市在住 46歳

想いを実現し、地域へ

 ○…「とにかく一度やってみようよ」がスタンス。「想いをカタチにプロジェクト」の代表を務める。メンバーのやりたいことを講座として実現させる活動を行う。6月には第1弾として父の日向けにミニブック作りを行った。8月21日(火)には第2弾の講座を開く。人が地域とつながる第一歩として「一番楽しい」と思う会を作ったという。今年3月に戸塚区役所が主催した、企画を作り集客を考える講座に参加。参加した人に声を掛け、同プロジェクトを発足した。現在は月に1回、30代から80代までの男女12人のメンバーと共にとつか区民活動センターで活動する。「年齢、興味の幅もそれぞれ。まだまだこれからです」

 ○…大阪府出身。就職を機に平塚市へ。結婚後は小田原市に移住。仕事を続けながらの子育てに悩み、退職。家にこもる時期が4年続いた。「つながりのない感覚でした」と振り返る。当時たまたま参加したのがNPO法人「ハートフルコミュニケーション」の子育てについて語る会。想いを吐き出し、語り合うことで心が救われたという。仕事も再開できた。語る会の必要性を感じ、その後は、同法人で学び、戸塚区の担当として語る場を提供する役割に。「想いを話せる場があれば、自然と人とのつながりの中で学べる。でもきっかけがないと難しいんです」

 ○…「アイデアを人に話すのが好き。話しているとできるって思っちゃう」。例えば、名人に習う発酵食品教室やダチョウの卵での目玉焼き作りなど。小さな好奇心から考えが湧き出てくる。テレビを見ながら「これ使えるんじゃ」と思ったらすぐにメモ。笑顔をこぼしながら楽しそうに語る。

 ○…「今は皆のアイデアを実現していく途中。メンバーには自分の想いを実現する場として、講座への参加者にとっては地域に出かけるきっかけになれば。人とのつながりは大事」と語る。カタチになった想いは、人とつながり地域ともつながっていく。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク