戸塚区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

横浜隼人硬式野球 初の秋季関東 県準Vで 捕手に平戸中出身・伴君

スポーツ

伴選手(右)と荒井主将
伴選手(右)と荒井主将

 夏の神奈川大会・8強入りから3カ月。県高校野球秋季大会(県高野連主催)で準優勝に輝いた横浜隼人高校=瀬谷区=は、10月27日から群馬県で行われる秋季関東大会に出場する。今春に続き、関東出場は初。7月27日に始動した部員87人の新チームが、全国の頂点を見据え、進化を続けている。

 春に続く躍進を、水谷哲也監督(48)は「上級生の勝ち方や戦いぶりを、後輩たちが高い意識で見て学んできたから」と分析する。7月の神奈川大会準々決勝で日大藤沢に敗れた翌日、横浜隼人は公式戦の正選手不在という、総入れ替えの顔ぶれでスタートした。実戦不足を補おうと練習試合を重ね、9月の県大会までこなした試合は地区大会も含めて40試合を超える。

 強豪校がひしめく神奈川。タレント不在で挑む横浜隼人には「選手も走塁コーチ、応援、マネジャーもみんながレギュラー」という哲学が軸にある。同校に野球部寮はなく、部員は一部町田市を除き全員が県内在住。「練習量や思い、仲間意識で戦っているチームとして、それぞれのポジションを全うするのみ」と水谷監督は強調する。

 激しいポジション争いで台頭してきた1人が、1年捕手の伴善弘(ばん よしひろ)君(16)=平戸中出身。165cm、65kgと小柄ながら、「コミュニケーション能力が高く、周りに指示が出せる」と監督が話すとおり、落ち着いた振る舞いで上級生中心のレギュラー陣をまとめる。「プレッシャーはあるが、自分ができることをしっかりやるのみ」。強肩強打を武器に、チームを盛り上げる。

 「長打を打つタイプじゃないが、自分がアウトになっても主軸につなげる」。守備の要、遊撃手で主将の2年、荒井晃樹(あらい こうき)君(16)=泉区=は166cm、67kgの体から繰り出す巧打で隼人打線をけん引する。

 15校が出場する関東の初戦は10月28日、埼玉1位の花咲徳栄戦。優勝校は11月の明治神宮大会への道が開けるほか、関東2勝で来春のセンバツ出場が見えてくる。「目標はあくまで全国制覇。未来の部員に大舞台での戦いを見せたい」。監督、選手の思いは一体だ。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク