戸塚区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

横浜薬科大学の大学祭「浜薬祭」の実行委員長 畑 可郎(はたよしろう)さん 緑区在住 21歳

自分に克てるように

 ○…今年3月、実行委員からの推薦を受けて実行委員長に決まった。「勉強以外にも熱を注げるものがあれば」と1年生から大学祭の運営に携わってきた。今はリーダーとしてメンバー20人以上をまとめる大変さも実感。「ほうれんそう(報告・連絡・相談)を実践するのは難しい」と苦笑いする。地域住民に加えて生徒たちの参加を増やすことも課題の一つ。「積極的な生徒が少なくて。もっと皆に来てもらって盛り上げたい」。学生主体になって3年目の大学祭。発表団体が増え、年々進化を見せている。「次につながるように地盤を固めたい」。今は歴史を作っている過程だ。

 ○…臨床薬学科専攻。理学療法士の母、薬剤師の兄の影響を受け、小学6年生から薬剤師を目指してきた。もともと生物や化学も好きだった。大学生活は勉強で多忙だ。午前8時過ぎに学校に到着し、9時から授業開始。午後7時くらいまでびっしりと授業が詰まっていることもある。「なかなか遊んだり、アルバイトしたりする時間もなくて」。6年間で修得するのは190単位以上。3年後の薬剤師国家試験に向けて必死だ。卒業後は製薬会社でMR(Medical Representative=医薬情報担当者)として働きたいという目標も。「研究員や薬局の中で働くよりも、自分には営業が向いているかな」と自覚。薬学の専門知識を豊富に身に付けた営業マンを目指す。

 ○…「戦国時代が好き」と熱く語る。きっかけは漫画だった。「皆が全力で自分や財産を守るために戦っているのに魅かれる。友達に話してもなかなか理解してもらえないけど、友達のお父さん世代の人とは話が合う」と笑う。いま気になるのは、映画『のぼうの城』だ。「大学祭が終ったら絶対、映画館に観に行く」。心からの楽しみだ。「本当にやらなくてはいけないことをちゃんとできる、自分に克(か)てる人間になりたい」。日々、経験や趣味を通じて自分を磨いていく。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク