戸塚区版 掲載号:2013年2月14日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚区総合庁舎 PFIでサービス向上を 区庁舎では市内2例目

完成を目前に控えた総合庁舎
完成を目前に控えた総合庁舎

 2月末に完成を控える戸塚区総合庁舎(戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業)。同施設は設計から完成後の管理運営まで、民間企業が主体となるPFI事業で行われる。民間力を活用した、質の高いサービスが今後期待される。

 戸塚区総合庁舎は、横浜市が契約済みのPFI事業の中で8例目。区庁舎としては、瀬谷区(2008年契約)に続き2例目になる。

市では市民サービス向上やトータルコスト削減を図るため、公共施設の整備、改修、運営などで積極的にPFIを導入している。

 今回の総合庁舎では一般的なPFI手法に基づき、SPC(特別目的会社)として「アートプレックス戸塚(株)」を設立。全国で50件のPFIを手がける三菱UFJリース(株)が代表企業に入っている。構成員となる4社には設計、建設を手がけた鹿島建設(株)をはじめ、管理運営で(株)共立(区民文化センター)、(株)ハリマビステム(交通広場ほか)、コクヨマーケティング(株)(備品設置など)が入る。また協力会社として、(株)東畑建築事務所(設計の一部、工事管理)と(株)レストランモア(食堂運営)が入っている。

 SPCは横浜市PFI事業審査委員会により、10年に一般競争入札で選定。落札額は約169億円に上る。契約期間は27年3月末までの約14年間だ。

1階店舗にドラッグストア

 1階の店舗部分もSPCとの契約になり、CFSコーポレーションが運営するドラッグストア「HAC」が入ることが決まっている。市の都市整備局では、「入店希望の問合せは多数だったと聞いた。にぎわいのある店舗になると期待している」と話している。

※「PFI」…PrivateFinance Initiativeの略称。公共施設などの建設、維持管理、運営などを民間の資金と経営能力、技術力を活用して行う手法。国や地方団体が直接行うよりも、効率的、効果的でより質の高い公共サービスの提供を目指す。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク