戸塚区版 掲載号:2013年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

横浜クラブ 女子野球で全国制す 深谷中の2人が所属

スポーツ

三浦柚記さん(左)と近藤実夏さん
三浦柚記さん(左)と近藤実夏さん
 深谷中学校の三浦柚記(ゆずき)さん(3年)と近藤実夏(みなつ)さん(1年)が所属する女子野球チーム「横浜クラブ」が、8月2日から5日まで静岡県伊豆市で開催された「第2回15U全国女子KB野球選手権大会in伊豆」に神奈川県代表として出場し、初優勝を成し遂げた。

 市立中学校体育連盟野球専門部が、強化育成事業の一環として一昨年から取り組む女子野球。近年は野球部に所属する女子も多く、女子だけで練習する機会創出などを目的に市内の女子野球部員を集めてチームが創設された。

 全国から14チームが出場してトーナメント方式で行われた今大会。横浜クラブは初戦で埼玉県代表を12対0で下すと、以降も順調に勝ち上がり、決勝では愛知県代表に12対3で圧勝して頂点に立った。主将を務めた三浦さんは、「女子が野球できる場を作ってくれた方々に優勝で恩返しできて嬉しい」。近藤さんは1年生で出場機会はなかったが、「先輩たちは勝った時に輝いて見えた。来年は選手として受け継ぎたい」。

魅力は一体感

 三浦さんは兄の影響で小学1年から少年野球チームに所属し、深谷中学進学後も迷わず野球部へ。男子の言葉の粗さは気になるものの、「チームプレーによる一体感」に魅力を感じる。プロ野球で好きなのは阪神タイガースの鳥谷敬選手。「良いプレーをしても表情を変えないから。浮かれすぎると次のプレーが雑になる」と、野球へのストイックな一面をのぞかせる。

 小学5年まで少年野球チームに所属していた近藤さんは、中学で再び野球の道を歩むことを決意。当初は三浦さんと同級生で野球部主将の兄・明弥(ひろや)さんに、部内に妹がいることへの照れ臭さからか入部を拒まれたが、「引退まであと少しだから」と懇願したという。不動の4番としてチームメートの信頼も厚かった兄は憧れの存在。「『女子だから』という目では見られたくない。男子と同じように扱ってほしい」と、練習に励む日々だ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク