戸塚区版 掲載号:2013年12月26日号
  • googleplus
  • LINE

教室が歴史資料館に 市立俣野小

大八車などの生活道具が並ぶ
大八車などの生活道具が並ぶ
 市立俣野小学校(山崎浩一郎校長・児童数140人/12月1日現在)では、3階の2つの教室を「俣野ふるさと資料館」とし、児童の学習の場としている。

 片方の教室には糸車や茶釜、いろり、玉音放送受信ラジオ、当時の教科書等を並べ、昭和初期の生活様式を再現した民家を設置している。もう一方の教室にあるのは、足踏み脱穀機や大八車、桑つみ籠、鋤、鍬といった昔の生活の道具。宮永曜子副校長によると、資料館を設置したのは2005年。展示物は教室にあった民具や地域から寄贈されたものだ。

 同校児童にとっては、教科書の題材の実物に触れることができる場。普段、資料館に自由に入ることはできないが、授業で室内を目にすると「うわぁ」「すごい」といった驚きの声が上がるという。学習の一環として近隣小学校からも見学に来る。

 地域住民らが講師となって、児童に草鞋やお手玉づくり等を教える俣野ふれあい塾が同校で開かれる日には、講師や保護者に資料館を開放してもいる。

 宮永副校長は「俣野の歴史を知る良い資料が揃っている。子どもたちの学習の場であると同時に、地域との触れ合いの場として未来へつながっていけば」と話す。

 一般の見学希望にも応じる。問い合せは同校【電話】045・852・4311へ。

昭和初期の民家を再現
昭和初期の民家を再現

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク