戸塚区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

上品濃在住の60代夫妻 半世紀を経て卒業 戸塚高定時制で学ぶ

教育

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
級友や教員に囲まれた田中さん夫妻(中央)
級友や教員に囲まれた田中さん夫妻(中央)

 市立戸塚高等学校定時制(長田正剛校長代理)で3月3日、第64回卒業式が挙行された。10代を中心とした84人の卒業生のなかには、高校生になる夢を約半世紀ぶりに叶え、晴れてこの日を迎えた上品濃在住の田中敏雄さん(66)とマサ子さん(65)夫妻の姿もあった。

 川崎市出身の敏雄さんは10歳で父親と死別。小学生のころから新聞配達をして家計を助け、中学卒業後は迷わず就職の道を選んだ。一方のマサ子さんは山形県で生まれ、高校進学者はクラスの半数という環境のなか、自身も親に負担をかけたくないと集団就職で上京した。

 結婚後も還暦を過ぎるまで続いた共働きの生活。そんななか、マサ子さんは「漢字を読めても書けない。いつか学校に通いたい」と、勉学へのあこがれを持ち続けており、敏雄さんの定年退職を機に二人そろって高校進学を決めた。

 入学当初、子どものいない夫妻にとっての不安は若者との付き合い方。しかし、「困ったことがあると出席番号で1つ前の男の子が助けてくれた」と、マサ子さんの高校生活は順調な滑り出し。

 一方、妻の夢を叶えたいとの思いで入学を決めた敏雄さんは、当初「授業中も『腹減った』と思ったことをすぐ口にする若者の様子にとまどった」。それでも徐々に環境に馴染み、学ぶ楽しさに「もっと早く入学すれば良かった」と充実した日々を送った。また「周りは働いて学校に来るのに自分だけ申し訳ない」と、パートの仕事を探し働き始めた。

 マサ子さんの好きな科目は歴史。「ヨーロッパを旅行しても教会が多い理由が実感できたし、ニュースで習った単語が出てくると嬉しくて」。敏雄さんは「クイズ感覚」と試験が好きで、試験前には仮想問題を作り二人で勉強したという。

 「見た目はつっぱっていても内面は良い子ばかり」という級友、「クラスをまとめて盛り上げる力がすごい」と尊敬する先生たち。たくさんの楽しい思い出ができた4年間に、卒業に対する思いは寂しさしかない。敏雄さんは「落第してもう一度4年生をやろうかと真剣に考えたほど」という。また、マサ子さんは今後、放送大学に進学してさらに歴史を学ぶ予定だという。

 長田校長代理は、「夫妻の生き様に他の生徒も良い影響を受けたのでは」。また、「何歳でも意欲さえあれば学ぶのに遅いことはない。私自身も良い勉強になりました」と話していた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

「感染症対策 徹底を」

吉泉戸塚区長

「感染症対策 徹底を」 社会

にぎわい創出にも注力

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

「鎌倉殿」ゆかりの地

深谷三島神社専念寺

「鎌倉殿」ゆかりの地 文化

大河登場武将が建立

1月1日号

「第6波の備え進める」

山中市長インタビュー

「第6波の備え進める」 社会

感染症・経済対策強化へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

  • 12月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook