戸塚区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

戸塚アイアンボンドス 堂々の関東3位 初の県代表、市予選は連覇

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena
「守り勝つ野球」で勝利を重ねた選手たち
「守り勝つ野球」で勝利を重ねた選手たち

 戸塚区内の少年野球チーム、戸塚アイアンボンドス(遠藤豊明監督)が8月2日・3日に行われた関東学童軟式野球大会で、第3位の成績を残した。市予選を連覇、県を制して初の県代表として臨んだ関東大会では「守りでリズムをつくって攻撃につなげる」(遠藤監督)自分たちの野球を貫いた。

 3月に行われたブロック予選で市予選への出場権を得たチームは、6月の市予選を連覇で飾った。前年ベスト8だった県大会では横浜市の代表として頂点に立ち、チーム初となる神奈川県代表として関東大会に出場した。

 8月2日・3日に駒沢オリンピック公園で開催された関東大会。初戦の小倉台ライガース(千葉)に1対0で勝利したものの、準決勝で宝木ファイターズ(栃木)に1対2で惜敗し、銅メダルとなった。

準決勝では3併殺も

 守り勝つ野球――。チームが掲げる野球は各大会を通じて発揮された。

 関東大会では2試合とも1点差の試合。準決勝では、学童野球では珍しいとされる、3つの併殺プレーを達成し、遠藤監督は「練習通りのプレーをしてくれた」と大舞台でも普段の力を出した選手をたたえた。

 「一戦一戦、試合を通して成長していった」と遠藤監督は振り返る。3月のブロック予選から約半年間。敗戦も経験したことでチームは一つになった。特にメンタル面の成長が目立ち、チームワークの良さにつながったという。

「今後は全て優勝めざす」

 主将として声を出し続け、チームを引っ張った小島歩空くん(小6)は指導者やチームメート、親たちに感謝しつつ、「関東大会では優勝することだけが目標でした。3位には満足していません。これからも続く後半戦の大会では全て優勝したいです」と今後に向けた決意を口にした。次の目標は、8月30日に始まり各大会の上位約50チームが顔を揃える県の大会だ。

「最高の夏に感謝」

 関東3位はチーム初の快挙。父母会の松本睦美さんは、厳しい練習に耐え、敗戦を無駄にせず、成長の糧としてきた子どもたちを「忘れることのできない最高の夏を過ごさせてもらい、感謝の気持ちでいっぱい」と労った。 

 「高い目標を設定して、それに向け努力できる人間になってほしい」。遠藤監督は普段からの教えを口にし、子どもたちの未来に思いを馳せた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

コロナ独自策が効果

戸塚区

コロナ独自策が効果 社会

臨時職員が保健師を補助

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

外務大臣賞を受賞

上倉田町早瀬さん

外務大臣賞を受賞 文化

日独の相互理解に貢献

9月9日号

LINEでデートDV相談

男女共同参画センター横浜

LINEでデートDV相談 社会

10代・20代向け 10月試行

9月9日号

"集まれない"に危機感

区内各団体

"集まれない"に危機感 社会

コロナ「密」対策の反動

9月2日号

環境保全活動に注力

川上地区連合町内会

環境保全活動に注力 社会

10月に講演会を企画

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第68話 〜戸塚にある行基の足跡〜

    9月9日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook