戸塚区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

農地マッチング制度 初年度成立は1件 2年目、待機者減少に重点

政治

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市環境創造局が行っている「農地マッチングシステム」で、南部農政事務所(戸塚区総合庁舎内)は初年度1件のマッチングを成立させ、2年目の事業を始動した。同制度は北部農政事務所で2013年から始まり、南部がそれに続いた。

 「農地マッチングシステム」は、農地を貸したい土地所有者と借りたい農家の情報をデータベース化することで、農地の貸し借りを円滑にし、農耕ができるにも関わらず、使われないまま放置されている遊休農地の解消を目指す事業だ。2013年度は北部農政事務所の管轄下にあたる青葉区、都筑区、緑区で試験的に開始され、翌年14年度に南部農政事務所管轄の地区も加わり横浜市全域で開始された。

貸し借りが容易に

 農地の貸借においては、住宅用等の土地利用に適用される宅地法とは異なり、農地法が適用される。農地法では3000平米以上の耕作に使用することや、貸借の契約を切る際に貸手が借手に貸せなくなる対価として離作料を払う必要があるなどの制限がある。しかし、市が両者を仲介することで、農業経営基盤強化促進法が適用され、貸し手、借り手の負担が減る。この仕組みを利用した市や区の仲介は従来から行われていたが、農政事務所に持ちかけられた土地の相談に個々に対応する形をとってきた。制度として体系化することで、貸し借りの効率化が見込まれる。課題として残るのは両者の条件のすり合わせ。周知による登録件数の増加も目標ではあるが、所在地や面積、賃貸料などの条件が合わずマッチングに至らないケースも多い。農地所有者への声掛けがひと段落した2年目は借受希望農家の待機数を減らすことに重点を置く。

区の農業促進も視野

 マッチング制度の利用者として見込まれているのは「横浜チャレンジファーマー」や「かながわ農業サポーター」など。いずれも農業以外の職種に就いていた人を新規就農者として研修などを通して認定するもの。

 また市は、「農業専用地区」を指定。集合した農地等を専用地区として定めることで、都市農業の確立と都市環境を守ることを狙いとした制度だ。戸塚区内では、東俣野・小雀・舞岡・平戸が該当。舞岡農業専用地区では交流型のイベントを定期的に行い、東俣野農業専用地区は野菜中心、平戸農業専用地区は果樹中心と、各特色を持たせている。今後は県や市の既存の制度を活用しながら、同制度の周知にも努め、農地の有効活用と農業を活性化する。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大正地区センで祭り

大正地区センで祭り

12月7日・8日

12月7日~12月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク