戸塚区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

区内2校の小中学生 協力し被災地支援 熊本地震受け募金活動

社会

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
田雑区長(前列中央)に義援金を手渡した倉田小児童と豊田中生徒ら
田雑区長(前列中央)に義援金を手渡した倉田小児童と豊田中生徒ら

 横浜市立倉田小学校児童と横浜市立豊田中学校生徒が協力し、それぞれの校内で熊本地震の被災者支援のための募金活動を行った。7月20日には戸塚区役所を訪れ、田雑由紀乃戸塚区長に集めた義援金を託した。

 募金活動を行ったのは、倉田小学校の倉田っ子委員会の13人と、豊田中学校生徒会本部の9人。倉田っ子委員会での話し合いで児童が「熊本地震の被災地の役に立ちたい」と募金活動を発案し、同小学校の山田昭校長に相談した。

 活動の実施が決まると、豊田中学校にも協力を呼びかけた。同中学校では毎年、募金活動を行っていたことから、小学校からの打診に快諾。同じ目的に向けた両校の取組みが始まった。

「人の役に」実感

 倉田小学校の募金活動は5月の2日間で実施した。登校時、昇降口でポスターと募金箱を手に、在校児童に呼びかけた。前日までに募金の実施を知らせていたこともあり、開始早々から順調に人が集まったという。

 「みんな最初からたくさん入れてくれた」「人の役に立てることを知った」と充実した表情の委員たち。「『さっきは忘れていてごめんね』と戻ってきた人もいた」と嬉しそうに話した。

「協力する心が大切」

 豊田中学校の募金活動は6月の4日間。事前にポスター等で募金を呼びかけるなど工夫し、当日は朝の会で全クラスを回った。

 テレビや新聞の報道で被害状況を知り、「少しでも支援できれば」という主旨の活動は在校生の共感を呼び、生徒会本部のメンバーは「協力者も多く、やりがいを感じた。大事なことは皆で協力して活動ができたこと。そのことを朝会で伝えたい」と心境を語った。

 募金総額は10万円超。日本赤十字社神奈川県支部横浜市地区本部戸塚区地区委員会の委員長でもある田雑由紀乃区長は「『人の役に立てて嬉しい』と感じてくれたことが嬉しい。その心があれば、きっと素敵な社会になるはず」と児童・生徒の善意を受け止めた。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

国際交流本を出版

戸塚町久保田さん

国際交流本を出版 文化

留学生80人の話まとめる

1月27日号

「減災の意識高めて」

戸塚区

「減災の意識高めて」 社会

2月、オンラインイベント

1月27日号

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 コミュニティ社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook