戸塚区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

戸塚区に拠点を置く女子サッカーチーム、ニッパツ横浜FCシーガルズの監督に就任した 能代谷(のしろや) 恵さん 横須賀市在住 41歳

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

一部昇格へチームと共に

 ○…昨年行われた日本女子サッカーリーグ(プレナスなでしこリーグ)の2部で「10チーム中8位」という厳しい状況のなか残留したシーガルズ。1部昇格を目指し、監督として抜擢された。「女性の視点と厳しさを併せ持つ所に期待されたと思う」と話す。昨年とほぼ同じメンバーで挑む今シーズン、「変えるべきは彼女たちの意識。可能性を秘めた選手が多い。絶対に負けないという気持ちを持って団結すれば強い」。緊張感を大切に、明るいチーム作りを目指す。

 ○…高校サッカー部を経て、女子プロリーグの世界に飛び込んだ。「サッカーで食べていけるなんて夢のよう」という思いは、厳しい現実に打ち砕かれる。「入団後3年は出場もままならず、辞めようと思っていた」。そんな時に新監督が言った「もう少しだけ頑張ってみないか」という言葉が印象的だ。「あと1年」と自らに期限を課して奮起し、スタメンを勝ち取った。しかし波に乗り始めたころ、「チームの解散」という試練に直面する。23歳が悩んだ末に選んだのは、アメリカ留学だった。「大変だったけれど、『絶対に負けない』という気持ちの大切さを学べて良かった」という。

 ○…愛嬌のある笑顔とともに目を引くのが「最近ハマっている」という指先のネイル。月に1度はデザインを変えているという。「この仕事は日焼けもするし、雨にも降られる。だから指先だけは乙女でいたい」とはにかむ。3月の開幕時のデザインは決まっている。「もちろんシーガルズのチームカラーです」

 ○…横浜F・マリノスのスクールコーチなど、様々な世代を教えてきたが、監督はサッカー人生初。戸惑いもあるが、「選手をここで終わらせない」という思いは強い。日本代表や指導者など「次のステージ」へ羽ばたけるよう、選手の背中を押すのも監督の仕事だという。「努力し、結果を出せばより良い環境が得られることを伝えたい」と語った。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook