戸塚区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

戸塚区 「野良猫」対策に一手 制度PRの展示を実施

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
ボランティアと区職員
ボランティアと区職員

 戸塚区は今年1月から、野良猫の保護活動に携わるボランティアの登録制度「とつかTOTSUCAT(トツキャット)」を開始した。登録したボランティアと共に、不妊去勢手術などを行い、徐々にその数を減らしていく取り組みだ。8月21日から30日までは区役所で、制度をPRする展示も開かれた。

 これまで区内には野良猫の保護活動を行う特定の団体がなく、個人がバラバラに活動を行っていた。区は行政と個人間の連携を深めることで効果を高めようと、この制度を開始。横浜市では珍しい取り組みだという。

 現在、区内の13人がボランティアメンバーとして登録されている。具体的には「近所の野良猫の管理をしたい」「不妊去勢手術をしたい」といった問い合わせに対し、区職員がボラメンバーと共に現地に赴いて状況を調べ、必要に応じて捕獲を行い、不妊去勢手術を受けさせるため動物病院まで運搬する。

 制度の開始以降、これまで月5件ほどのペースで現場に訪れているという。

手術費には補助金も

 手術費用については、横浜市が1頭につき上限5000円で補助金を支給している。しかし制度上、依頼者本人がいったん支払いを行う必要があるほか、5000円を上回る部分については依頼者本人が負担しなければならないなど、課題もみられる。

 戸塚区生活衛生課の担当者は「自己負担が必要なことや、動物病院によって手術費用が異なることなどを、まずご理解いただく必要がある。『野良猫に困っている』という相談に対しては、丁寧な説明から行っていきたい」と話す。

生活環境向上を目的に

 区役所で行われた展示では、制度PRのほか、手術済みであることを示すために猫の片耳をV字にカットすることや、猫を捕獲し手術するまでの活動を写真付きで紹介した。

 「私たちの活動は、誤解されることも多い」と話すのは、ボランティアメンバーの一人、齋藤紀子さん。猫に餌を与えていると「また野良猫が増えてしまう」などと指摘されることもあるという。しかし決まった時間に適切に餌を与えることは、猫がうろつきゴミを漁ることを抑えられるほか、トイレの設置や清掃を行うことで糞尿の被害も抑えられることから「適切な管理に取り組んでいることを、こうした場でお知らせできたのは良いこと」と話す。

 同課によると、猫に関する区民からの相談は昨年度、200件程度あったという。多くは、糞尿など衛生に関するものだ。同課の担当者は「まずは住民の生活環境を守りたい。その上で飼い主が責任を持って終生飼育をしてもらうことや、不妊去勢手術の必要性を訴える必要がある。飼い主のいない猫を増やさないようコントロールしつつ、共生していくような社会を目指していきたい」と話す。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook