戸塚区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市会報告 インターン生2人が語る「トリエンナーレ」の魅力 横浜市会議員 鈴木太郎

(左から)植木さん、鈴木、飯田さん
(左から)植木さん、鈴木、飯田さん
 私は次世代育成のため、大学生の職業体験「インターン」を積極的に受け入れています。今夏は明治大学の植木隼太朗さん(2年)、飯田有紀さん(1年)が横浜市政を学びに来ました。 今回は、2人が視察した現在横浜美術館などで開催中の芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」の魅力を語ってもらいました。

 植木「『トリエンナーレ』とは”3年に1度”という意味で、今年で6回目の開催となる日本最大級の地域芸術祭ですよね」

 飯田「そうですね。今回の展覧会テーマは『島と星座とガラパゴス』。世界の孤立性・接続性をメインテーマに取り上げています」  植木「芸術祭というと堅苦しいイメージがありましたが、実際に見てみると意外にそうじゃなかった」

 飯田「難しそうと思っていましたが、楽しい作品が多かったです」

 植木「アジア系の方を中心に世界中から集まった多彩なアーティスト38組の作品が展示されています。特に気になったものはありましたか」

 飯田「『ごめんなさいの MY apologies』です。アニメやゲームキャラクター風のタッチで描かれる少女像など、日本の若者が好きそうな作品です」

 植木「どの作品も独創的で興味深かった。素晴らしいと思ったのは、全ての作品の撮影が許可されている点。美術展では珍しいです。気に入った作品を自分のカメラに残せるのは良いですよね」

 飯田「この素晴らしいトリエンナーレをもっと周知したいですよね」

 植木「同感です。各種SNSを活用するのも1つの手ですね。広報の重要性を再認識しました」

 植木・飯田「娯楽性はもちろん、難民問題を作品化したものもある、ヨコハマトリエンナーレは多面的。足を運んでみてください」

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

「新春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽・パソコンなどの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

久保山墓地ご当選者の皆様へ

地元石材店だからこそできる特別キャンペーン。セットで59.5万円から

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「食と子育て」映画で学ぶ

「食と子育て」映画で学ぶ

2月22日 さくらプラザ

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク