戸塚区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

名瀬町の水辺愛護会 20年来の活動を市が表彰 水辺管理通じ地域交流も

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
(左から)田中会長、土江光(みつる)副会長、小長光(こながみつ)靖則事務局長
(左から)田中会長、土江光(みつる)副会長、小長光(こながみつ)靖則事務局長

 「名瀬町小川アメニティ」(※)を管理する水辺愛護会「名瀬アメニティクラブ」が11月24日、横浜市から20年以上にわたる清掃活動などを評価され、表彰された。同クラブは今後も自然環境改善に貢献すると同時に、地域交流促進の一翼を担っていく考えだ。

 横浜市は、市内に流れる川などの水辺の管理や、美化活動を行う団体を支援する「水辺愛護会事業」を実施しており、今年度でちょうど20年を迎える。それを記念して「アメニティクラブ」も同年の活動を継続してきたことから、「20年表彰」を受けた。

自然豊かな遊歩道

 同クラブは名瀬第4町内会の一組織として活動。町内会長の田中國夫さんがクラブ会長を兼任している。このアメニティが竣工した当時から、30年以上にわたり管理してきた。

 活動は主に月1回の清掃・除草が中心。毎回、町内会員の3分の1を超える130人前後が参加するなど、熱の入った活動を続けている。

 かつてこの小川は、水田に利用されていたが、1960年以降の宅地化により生活排水が流れ込み、水質が悪化していた。その後、市の整備により自然水のみが流れるようになり、水質は改善。さらに同クラブ結成後清掃活動を継続してきたこともあり、現在は初夏になるとホタルが幻想的な光を放つほか、カワセミが訪れるなど、自然豊かな環境が作られている。四季折々の花も咲き、高齢者や親子連れの散歩道、通学路として地域に愛されているスポットだ。

水辺と共に育つ地域

 名瀬第4町内会はこれまで、「名瀬町小川アメニティ」を中心に、様々なイベントを開催してきた。川沿いに農園を設置し、町内子ども会のサツマイモ掘りを行うほか、源流に近い西蓮寺では盆踊りなどを実施している。

 また名瀬川沿いの広場でも祭りを開催するなど、水辺と深い関係を続けている。田中会長は「川と共に育ってきた地域。だからこそ川を大事にしようという意識も生まれていると思う。今後も町内の人がほっとするような場所づくりをしていく」と話した。

※名瀬町小川アメニティ…戸塚カントリー倶楽部を源流に名瀬町西部を流れる小川と、その脇の遊歩道の総称。同ゴルフ場を源流とする名瀬川とほぼ並行して走っており、全長約600m。1990年に市が整備し、モニュメントや小川の中を歩くことができる飛び石などが設置されている。

清掃活動の様子
清掃活動の様子

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

国際交流本を出版

戸塚町久保田さん

国際交流本を出版 文化

留学生80人の話まとめる

1月27日号

「減災の意識高めて」

戸塚区

「減災の意識高めて」 社会

2月、オンラインイベント

1月27日号

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 コミュニティ社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook