戸塚区版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

県政報告㊼ 山村留学で子供の可能性を拡げる 神奈川県議会議員 北井宏昭

 県内の公立小中学校の不登校数は、H28年度調査で1万人を超えてしまいました。叶うならば、すべての子供たちの学校復帰がベストですが、現実的な学校側の権限では、教育行政の限界も感じます。そこでセカンドベストですが、不登校の子供たちが孤立せず、引きこもらない状態をつくりたいと考えています。

 本県は、不登校の子供と親を、県内のフリースクールに引き合わせる事業を行っています。これは、他県から「思い切った取り組み」との評価。なぜなら「教育行政の放棄」とみなされかねず、そこまで踏み込めないそうです。しかし私は、さらに「全国の山村留学」とも引き合わせるべきと考えます。山村留学とは、親元を離れ、寮や里親家庭で生活をしながら現地の学校に通う制度のこと。

飛び出ることも選択肢

 不登校は、いじめ等の子供同士のトラブルが起因することも多々あります。ただし見方を変えれば、自分の通う学校のコミュニティーなど、世の中から見ればほんの小さなエリアに過ぎません。「どうにもならない場合」、そんなエリアにこだわって、大切な思春期を台無しにするよりも、その場にとどまらず、飛び出てもいいのです。思い切って親元を離れ、生活環境そのものを変えてしまうのも、選択肢の一つです。逆に、いい経験になり自立もします。留学先の子供たちの顔つきが物語っています。

 県教委に「山村留学との引き合わせ」を提言したところ、県外までは対応出来ないとのこと。ならば、私がパイプを作ろう、ということで現在、全国各地の山村留学を取材し、メニュー化しています。それぞれ学校は個性的で、子供の個性に合った学校選びも可能です。もし、関心がございましたらご連絡ください、子供の可能性を信じて。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

お肌のシミご相談ください

皮膚科で薬用美白クリームの処方が始まりました。※自費診療となります

https://yokohamahp.jp/

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

戸塚区誕生の経緯を学ぶ

戸塚区誕生の経緯を学ぶ

「見知楽会」が講演会

1月27日~1月27日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク