戸塚区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

旧ドリームランドボウリング場 薬科大が地域に特別開放 今後の貸し出しも検討

スポーツ

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
奇麗に整備されている当時の面影を残す6レーン
奇麗に整備されている当時の面影を残す6レーン

 横浜薬科大学(俣野町)内にあるボウリング場が3月10日に特別開放され、汲沢ボウリング同好会が交流大会を開催した。同大学は、かつて同地にあった「横浜ドリームランド」の一部施設を転用しており、ボウリング場は旧施設のもの。今後も地域との交流のため、貸し出すことを検討するという。

 大会には、地元有志からなる汲沢ボウリング同好会のメンバーほか地域住民ら16人が参加。和気あいあいとした雰囲気でゲームが進行した。

 スコアを表示するブラウン管のモニターをはじめ、様々な設備が10年以上前に閉店した頃の姿を残している。「とても懐かしく、嬉しく感じた」と話すのは、同好会会長の石井徹さん。中学生の頃から、このボウリング場に親しんでいたという。「以前は区内にたくさんボウリング場があったが、今はほとんど無い。だからこそ、まだ残っていると知ったときは驚いた」と感想をもらす。

6レーンを残存

 このボウリング場は、かつて横浜ドリームランド内に建てられていた「ドリームボウル」の一部。2002年のドリームランド閉園後、約2年間の運営を経て閉店している。

 06年には同地に横浜薬科大学が開校。ボウリング場は食堂として改装されたが、24レーン中6レーンは学生のクラブ活動などを目的に残されていた。現在は大学のボウリング同好会が週に1回程度のペースで利用しているが、学外に対しては開放していなかった。

 そんな中、汲沢ボウリング同好会のメンバーが、大学内にボウリング場が残っていることを知る。大学へ利用したい旨を伝えたところ、地域交流を推進していることから今回の特別開放が実現した。

 かつての「ドリームボウル」時代から整備に携わり、現在も管理を続けるティ・オーオー(株)の梅澤芳郎さんは「約10年ぶりに本格的な整備をした」と話す。マイシューズやマイボウルを持つ地元の愛好家が気持ちよく投げられるよう、レーンの整備やクリーニングを実施。専用の清掃機械がないため、雑巾での手作業だったという。「とても投げやすいという感想を貰った」と感慨深げに振り返った。

 大学の担当者は「学生生活を優先するためいつでも開放するわけにはいかないが、これを機に今後もボウリング場を地域交流のために利用できれば」と話した。
 

プレーを楽しむ参加者(左)とレトロな雰囲気を感じさせる映像表示
プレーを楽しむ参加者(左)とレトロな雰囲気を感じさせる映像表示

戸塚区版のトップニュース最新6

区防災計画、7年振り改訂

区防災計画、7年振り改訂 社会

「車中泊避難」にも言及

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク