戸塚区版 掲載号:2018年5月31日号
  • LINE
  • hatena

戸塚警察署長に就任した 佐藤 政宏さん 矢部町在住 55歳

身内のように区民に寄り添う

 〇…「元気があって一体感のある警察署にしていきたい」。日々発生する事件・事故から27万の区民を守るためには、約300人の職員がひとつにまとまることが不可欠だという。「犯罪に対して敢然と立ち向かっていく」。地域を思う熱意が目の中に宿る。

 〇…大磯町出身。高校卒業後、警察官の道へ。交番勤務を経て機動隊に入隊し、日航ジャンボ機墜落事故の捜索活動、即位の礼の警備、阪神大震災の対応などにあたった。印象に残るのは2000年に配属した、被害者対策室での仕事。副室長として、民間と協力し「神奈川被害者支援センター」を立ち上げた。翌年には、ストーカー対策室に配属。当時は、事件や事故被害者をサポートすることの重要性が説かれ始めたばかりの頃。前例のない仕事に戸惑いつつも、「実際に被害者家族の話を聴きながら、警察官としてどうあるべきか考え抜いた経験。それから現在までの仕事に生きている」という。

 〇…戸塚区は93年以来25年ぶりの勤務だ。当時は東戸塚駅前交番に勤めた。あまりの景色の変わりように「本当にびっくりした」と笑う。現在は区内に単身赴任中。日課とする朝のランニングでは、犯罪の温床がないか視線を配ることを忘れない。24時間緊張感にさらされる日々のなか、休みの日に相模原の自宅に戻り、家庭の雰囲気に包まれることは、安心する数少ない瞬間だ。

 〇…現在特に力を注いでいるのは、高齢者を狙う詐欺対策。「銀行員などを名乗りキャッシュカードを受け取りに来る電話が急増しているが、例外なくすべて詐欺。すぐに切って連絡を」と強調する。厳しい表情は一転、温かなほほ笑みへ。「区内からの相談は身内のものだと思って、寄り添っていきたい」

大和田 章雄

日本共産党戸塚区県政・教育部長 県立高校教員42年一人一人が輝く学校・社会へ

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

佐宗 茂さん

戸塚警察署長に就任した

佐宗 茂さん

3月21日号

竹内 敏浩さん

戸塚区を拠点とし、10周年を迎えた「鉄道子ども会」会長の

竹内 敏浩さん

3月14日号

葉山 卓(たかし)さん

3月に「上矢部ウォーク」を開催する上矢部地区スポーツ推進委員連絡協議会会長の

葉山 卓(たかし)さん

2月28日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

2月21日号

高橋 定雄さん

品濃小学校でランニング指導を行っている

高橋 定雄さん

2月14日号

中島 秋男さん

カローリングの会の代表を務める

中島 秋男さん

2月7日号

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼なじみトリオ」の演奏会

さくらプラザ

「幼なじみトリオ」の演奏会

チケット発売中

5月16日~5月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第217回

    男のおしゃれ学

    「労働歌」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    3月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク