戸塚区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

戸塚警察署長に就任した 佐藤 政宏さん 矢部町在住 55歳

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena

身内のように区民に寄り添う

 〇…「元気があって一体感のある警察署にしていきたい」。日々発生する事件・事故から27万の区民を守るためには、約300人の職員がひとつにまとまることが不可欠だという。「犯罪に対して敢然と立ち向かっていく」。地域を思う熱意が目の中に宿る。

 〇…大磯町出身。高校卒業後、警察官の道へ。交番勤務を経て機動隊に入隊し、日航ジャンボ機墜落事故の捜索活動、即位の礼の警備、阪神大震災の対応などにあたった。印象に残るのは2000年に配属した、被害者対策室での仕事。副室長として、民間と協力し「神奈川被害者支援センター」を立ち上げた。翌年には、ストーカー対策室に配属。当時は、事件や事故被害者をサポートすることの重要性が説かれ始めたばかりの頃。前例のない仕事に戸惑いつつも、「実際に被害者家族の話を聴きながら、警察官としてどうあるべきか考え抜いた経験。それから現在までの仕事に生きている」という。

 〇…戸塚区は93年以来25年ぶりの勤務だ。当時は東戸塚駅前交番に勤めた。あまりの景色の変わりように「本当にびっくりした」と笑う。現在は区内に単身赴任中。日課とする朝のランニングでは、犯罪の温床がないか視線を配ることを忘れない。24時間緊張感にさらされる日々のなか、休みの日に相模原の自宅に戻り、家庭の雰囲気に包まれることは、安心する数少ない瞬間だ。

 〇…現在特に力を注いでいるのは、高齢者を狙う詐欺対策。「銀行員などを名乗りキャッシュカードを受け取りに来る電話が急増しているが、例外なくすべて詐欺。すぐに切って連絡を」と強調する。厳しい表情は一転、温かなほほ笑みへ。「区内からの相談は身内のものだと思って、寄り添っていきたい」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク