戸塚区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

区内Uー15 サッカークラブ フットサル関東大会に出場 全国の舞台を目指す

スポーツ

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
優勝を果たし、笑顔のメンバー
優勝を果たし、笑顔のメンバー

 戸塚区の少年サッカークラブ「BANFF(バンフ)横浜FC戸塚」(以下「バンフ」)が、10月に行われたフットサル神奈川県大会で5年ぶりに優勝し、11月24日から行われる関東大会に臨む。過去最高位の「関東3位」を突破し、全国大会の出場を目指す。

 「フットサル」とはサッカーに似た5人制の球技。全国の15歳以下のフットサルチームを対象に、日本サッカー協会が毎年「全日本U―15フットサル選手権大会」を主催している。神奈川県大会は10月、横須賀市などで開催された。

 「バンフ」は戸塚町にあるコートを拠点とし、日頃は11人制のサッカーチームとして活動。毎年この大会に向けてフットサルチームを編成し臨んでいる。

リベンジ果たす

 「最も印象に残ったのは準決勝」と話すのは、同クラブ代表の波戸善行さん。対戦相手の「FC湘南ジュニアユース」には、直前に行われたサッカー大会で、僅差で負けていたという。

 「絶対に負けられないという強い気持ちで臨んだ」という本試合。しかし開始直後に1点を取られてしまう。精神的に厳しい立ち上がりだったが、雰囲気を変えたのがキャプテンの石田義晴選手(名瀬中3年)だった。相手の守備を揺さぶりつつ突破し、同点と逆転のきっかけをそれぞれつくった。結果的には7対4で勝利。リベンジを果たした格好となった。

 決勝試合もその勢いのまま、「エスタジオ横浜U―15」を8対4で下し、5年ぶりの県大会優勝を果たした。

考えながらプレー

 今回の大会に向け同クラブは、相手の隙をついて突破する練習に注力してきたという。波戸代表は「フットサルはサッカーに比べてコートが狭く、(大きなパスでつなぐよりも)相手と対峙する場面が多い」と話す。攻守の入れ替えも頻繁かつ試合展開が早いことから、「コート全体の動きや流れを常に見て、考えながらプレーする」ということについても、繰り返し指導してきたという。

 関東大会は過去数度出場しているが、これまでの最高位は3位。今回はこの記録を突破することが目標だ。石田選手は「自分たちがやってきたサッカーを生かしプレーしたい。予選で戦ったチームの分まで勝ちにこだわり、全国大会出場を目指します」と話す。関東大会は11月24日から山梨県で開催。上位2チームが全国大会への切符をつかむことができる。

戸塚区版のトップニュース最新6

3年後、建替工事へ

戸塚小学校

3年後、建替工事へ 教育

児童数増、校舎老朽化受け

6月4日号

コロナ禍で食支援つなぐ

西武東戸塚

コロナ禍で食支援つなぐ 社会

ひとり親向けイベントも

6月4日号

コロナ対策で一役

区内酪農業者

コロナ対策で一役 社会

タクシー会社に除菌水

5月28日号

緑守る活動に大臣表彰

上矢部町市民団体

緑守る活動に大臣表彰 社会

20年以上の取り組み評価

5月28日号

除菌水生成器を導入

区内商店会

除菌水生成器を導入 社会

補助金活用し、衛生対策

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク