戸塚区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

横浜深谷台小学校 校歌・校章が完成 児童らの思い込め披露

教育

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
スクリーンに映された校章と、紹介する児童
スクリーンに映された校章と、紹介する児童

 2017年4月に開校した横浜深谷台小学校(齋藤正子校長)の校歌と校章がこのほど完成し、11月22日に同校で「お披露目会」が行われた。校歌・校章ともに、児童や地域住民らの思いが込められている。

 「お披露目式」には児童のほか、地域の関係者や保護者が来場。校章が披露されたほか、全校児童による校歌の発表が、校歌を作曲した富澤裕さんの指揮のもと行われた。

 齋藤校長は「校歌と校章は、全校の皆さんと地域の皆さんが作った私たちの宝。今日は完成の喜びを分かち合う日にしましょう」と話した。

キーワード募る

 横浜深谷台小学校は昨年4月、児童数が減少していた俣野小学校と深谷台小学校が統合して開校。新たに校歌と校章を作るため、児童らによる「笑顔パワフルアイディア委員会」が今年5月から準備を進めてきた。

 児童らはクラスごとに話し合い、投票を経て、大切だと思う「夢」「希望」「光」といったキーワードを選定。これらを中心に地域から募った「未来」「はばたく」などのキーワードも交えながら、同校職員と児童からなる「校歌制定委員会」が歌詞を制作した。これに市内の校歌作曲を多く手掛ける音楽家の富澤さんが曲をつけ完成。富澤さんは「本当に前向き気持ちになれる歌詞。この歌と一緒に育っていってほしい」と話した。

校舎をモチーフに

 校章を手掛けたのは、イラストレーターで市内在住のイクタケマコトさん。小学校教師の経験を生かし、教科書のイラスト制作などを行っている。

 イクタケさんは「キーワード」をもとに発想を広げつつ、児童が登校する門がトンネル型であることに着目。中央にトンネルをモチーフとした輪を配置し、さらに出会いや巣立ちのシンボルである桜を描いた。斜めに桜を3つ配置したのは、3つの棟からなる校舎を表現している。イクタケさんは「制作にあたり100種類の案をつくったが、このデザインは自分も気に入っており、選ばれて嬉しかった」とし、「友達や先生、地域の人と協力して新たな学校の歴史を作っていってほしい」とエールを送った。

 当日は運営委員会の児童らが登壇し、校歌や校章に込めた思いを説明する場面も。委員会委員長の湯本楓由(ふゆ)さん(6年)は「校歌は一つひとつの歌詞の意味を考えながら大切に歌いたい。また(将来に)校章を見るときは、皆で一緒に作った事を思い出したい」と話した。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

県野球大会で優勝

区内女子選手選抜チーム

県野球大会で優勝 スポーツ

全国に4人が出場

6月17日号

プラごみ削減を推進

戸塚区のイオン

プラごみ削減を推進 社会

買い物かご販売中

6月17日号

沖縄の課題、小説で提起

矢部町照井さん

沖縄の課題、小説で提起 文化

無理解に危機感じ、執筆

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

糸のこ作品に思い込める

深谷町在住久野さん

糸のこ作品に思い込める 文化

大病を機に没頭

6月3日号

戸塚のシンボル、修繕へ

薬科大学図書館棟

戸塚のシンボル、修繕へ 社会

来年3月に完了予定

6月3日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter