戸塚区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

戸塚高校吹奏楽部 管楽八重奏が全国へ チームワークで東関東「金」

文化

全国大会への出場を喜ぶメンバー
全国大会への出場を喜ぶメンバー

 戸塚高校吹奏楽部の管楽八重奏チームが1月26日、第24回東関東アンサンブルコンテストに出場し、最優秀にあたる金賞を受賞。3月に札幌市で行われる全国大会へ出場する。チームワークを武器に、難関を突破した。

 木管や金管、打楽器などの重奏で競い合う同コンテスト。小学校から一般までの各部門に分かれており、栃木・茨城・千葉・神奈川の4県から各代表が出場する。高校の部では、29団体が出場し、金賞は10団体。そのうち高得点を得た同チームを含む2団体が全国大会への切符を手にした。

 当日演奏したのは、プレトリウス作曲「テレプシコーレ舞曲集」。舞曲ならではの躍動感を出すため、行進の動きを取り入れながら演奏するなど工夫を凝らした。「みんなで懸命に曲のイメージを練った甲斐があった。全国という夢の舞台に立てるのが嬉しい」と8人は口を揃える。

合言葉は「ブレンド」

 8人は昨年9月、部内のオーディションを経て、木管と金管にコントラバスを加えた7つの楽器で編成される管楽八重奏を結成。同部は144人の大所帯のため「結成時は話したことのないメンバーもいた」というが、練習を重ねるうちに自然と絆を深め、大会に向けてともに奔走してきた。

 8人が合言葉として掲げたのは「混ぜる」を意味する「ブレンド」。異なる種類の楽器でも音が混ざり合い、美しいハーモニーが届けられるようにと、自分の担当楽器だけでなく、仲間の楽器の音色もしっかりとイメージして演奏した。各々の技術の向上だけでなく、つねに仲間を思う気持ちも養われ、良いハーモニーづくりの土台になったという。

 また、楽器ごとの練習にも注力。メロディーの主体となる木管は、指づかいに気を付けて丁寧に音を出し、金管やコントラバスは、木管のまろやかな音色を包み込むような演奏を心掛けた。練習では「上手くいかないこともあった」というが、一丸となって乗り越えながら徐々に力をつけていった。

 チームのリーダーを務める白土(しらつち)理湖さん(2年)は、「これまで支えてくれた先生や部員をはじめ、OBの先輩、保護者の方々に恩返しができるよう、全国大会でも金賞を取りたい」と意気込みを話し、高橋典秀顧問は「同じ志を持って挑んだことが良い結果につながったのだと思う」と振り返った。

大和田 章雄

日本共産党戸塚区県政・教育部長 県立高校教員42年一人一人が輝く学校・社会へ

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

横浜市選抜大会で優勝

少年野球戸塚区選抜

横浜市選抜大会で優勝

3月21日号

耐震性なし300棟超

市指定路線沿道建築物

耐震性なし300棟超

3月21日号

家賃補助住宅伸び悩む

横浜市

家賃補助住宅伸び悩む

3月14日号

難病経て、漫画講座開設

矢部町在住白瀬さん

難病経て、漫画講座開設

3月14日号

大腸がん検診を無料化へ

横浜市

大腸がん検診を無料化へ

3月7日号

カワセミ写真撮影に情熱

鳥が丘在住光本さん

カワセミ写真撮影に情熱

3月7日号

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼なじみトリオ」の演奏会

さくらプラザ

「幼なじみトリオ」の演奏会

チケット発売中

5月16日~5月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第217回

    男のおしゃれ学

    「労働歌」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    3月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク